FC東京に加入した高萩洋次郎【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

国外経験を経て変化したプレースタイル

 5人の日本代表経験者を加える大型補強を敢行したFC東京が、秘密に包まれてきたベールを脱いだ。昨シーズンの二冠王者・鹿島アントラーズのホームに乗り込んだ25日のJ1開幕戦。FCソウルから加入した高萩洋次郎、リオデジャネイロ五輪代表候補の橋本拳人で組んだボランチがアントラーズの攻撃を幾度となく遮断。昨シーズンまでのFC東京にはない泥臭さを発揮する源泉となり、2007年6月30日を最後に遠ざかっていた鬼門の地・カシマスタジアムでの白星発進に導いた。(取材・文・藤江直人)

----------

 肩まで伸びる長髪を後ろに束ねて、その上から黒いバンダナのようなかぶり物を巻く。ピッチで異彩を放つからこそ、FC東京に新加入した高萩洋次郎の一挙手一投足に視線が集まった。

 王者・鹿島アントラーズのホームに乗り込んだ25日のJ1開幕戦。ファンタジスタと呼ばれた30歳が見せた存在感は、2014シーズンまでプレーしたサンフレッチェ広島時代とはまったく異なるものだった。

「セカンドボールを拾うことが、僕たちの仕事だと思っていた。相手に拾われると全員が自陣まで戻らなきゃいけない部分が出てくるので、セカンドボールをしっかり拾えたことがよかったと思う」

 華麗ではなく泥臭く。柔らかく、というよりも激しく。中盤の底でハードワークに徹し、大声に身ぶり手ぶりを交えて味方を動かす。海外でプレーした2年間が、高萩に強さを身にまとわせた。

 2015年が明けて間もなく、ユースから在籍してきたサンフレッチェから前年のACLを制したウェスタン・シドニー・ワンダラーズFCへ移籍。半年後にはFCソウルへ活躍の場を移した。

 オーストラリアと韓国。異国の地は「上手い」だけでは受け入れてくれない。ましてや、国内リーグだけでなくACLをも戦う強豪で、未知の相手と「戦う」ことの重要性を肌で感じ取ったのだろう。

 高萩の獲得へ向けて昨年に幾度となく韓国に足を運び、変わりつつあったプレースタイルを視察してきたFC東京の立石敬之ゼネラルマネージャー(GM)が満足そうな表情を浮かべる。

「僕たちがサンフレッチェ広島時代の彼にもっているイメージからすれば、もう少し天才肌的な選手だったんですけど。いまはしっかりゲームを落ち着かせられる。少し大人になって、いろいろなものが見えているんじゃないかと思いますよね」

高萩とのバランスを取っていた相棒・橋本の働き

 立石GMが言及した「天才肌」とはイコール、気分屋的な要素が濃かったことを物語っている。試合中に見せていた隙は消えたが、だからといって稀有なパスセンスまでが影を潜めたわけではない。

「味方のディフェンスラインとフォワードの間に入って、ボールを収めるところと、速く攻めるところとゆっくり攻めるところの使い分けは、つなぐ役というものは常に意識していた」

 サンフレッチェでは独特の「3‐6‐1システム」でダブルシャドーの一角としてプレー。2012シーズンの初優勝に貢献し、背番号を「10」に代えた翌シーズンも連覇の原動力になった。

 ワントップでゴールを量産した佐藤寿人(現名古屋グランパス)は、当時開通させたホットラインが川崎フロンターレから移った大久保嘉人との間で再現させるのではと、ファンのような感覚で期待する。

「(高萩)洋次郎が入ったことで、(大久保)嘉人とホットラインがつながると期待しています。実際に洋次郎のパスを受けてきた身としては、嘉人にとって最高のパートナーになるんじゃないかと思います」

 アントラーズ戦ではお互いの特徴をまだわかり合っていないこともあり、決定的な場面は訪れなかった。もっとも大久保も手応えを感じているからか、「開幕戦なので完璧なチームなんてどこにない」と豪快に笑い飛ばしながら心配無用を強調した。

 一方で高萩と既存の選手たちが融合し、チームを進化させるために欠かせない「化学反応」が早くも起こりはじめている。たとえば橋本拳人と組んだボランチは球際における強さと中盤における守備力で、アントラーズの攻撃を封じ込める原動力になった。

「ポジショニングのところで、常にバランスを意識していました。(高萩)洋次郎君が前へ行ったときには僕が後ろに残るとか、そういう基本的なところをゲームのなかで確認し合いながらプレーできていたので、バランスを崩すことなく90分間戦えたと思います」

 リオデジャネイロ五輪の代表候補に最後まで残った23歳。ボランチを本職としながらサイドバック、サイドハーフだけでなく、期限付き移籍していたロアッソ熊本では181センチ、74キロのサイズを生かし、センターバックでもプレーしたことがある。

「最初の5試合でスタートダッシュを切ることが重要」

 すべてのポジションをハイレベルで務めあげるユーティリティープレーヤーは「どこに入っても、そこに自分がいる意味というものを出したい」というテーマを掲げてきた。それでも、最も大きなこだわりをもつポジションは、FC東京U‐18時代から主戦場としてきたボランチとなる。

「センターバックを含めて中央にいるときには、自分の一番の武器であるボール奪取から、前線へ起点となるパスを出すプレーは得意としているところなので。攻守にわたって常にアグレッシブにプレーするところを、自分のなかでは意識しています」

 長いリーチを生かしたボール奪取力は秀逸で、リオデジャネイロ五輪を率いた手倉森誠監督(現日本代表コーチ)も橋本を本大会のメンバーに招集するか否か、最後まで頭を悩ませた。

 昨シーズンは故障者が続出し、苦戦を強いられたチームのなかで28試合に出場して4ゴールをマーク。飛躍の年を迎えたが、11月のホンダFCとの天皇杯4回戦で右ひざの半月板を損傷。緊急手術を受け、全治まで最大で3ヶ月を要すると診断された。

「けがをしてからは、この開幕戦を目指して頑張ってきた。ひとつの目標に置いてきたので、勝利で終われたことは本当に嬉しいけど、大事なのはこれから。最初の5試合でスタートダッシュを切ることが重要になるので、勝ち続けられるように、次もいい準備をしていきたい」

橋本を抜きに語れない決勝点

 王者を撃破する決勝点となった後半37分のオウンゴールは、橋本の存在を抜きには語れない。途中出場のFW前田遼一が後方からのロングボールに対して、競り合ったDF植田直通と巧みに体を入れ替えながら前へ抜け出す。

 すかさず右側へ走り込んでいた大久保へパスを通すものの、大久保からのリターンは相手に弾かれてしまう。万事休すか、と思われた直後だった。後方をしっかりフォローしていた橋本がこぼれ球を拾い、左サイドでフリーの状態だったMF中島翔哉へパス。

 得意のドリブルで切れ込んできた中島が半ば強引に放ったミドルシュートは、GKクォン・スンテの眼前で弾む軌道を描き、かつゴールの枠をしっかりととらえていた。さすがにキャッチすることはできず、必死にパンチングするしかない。

 もっとも、思い描いたほど大きく弾き返すことができず、カバーしようと必死に戻ってきたDF三竿雄斗の目の前に弾む。三竿はコーナーキックに逃れようとしたが、背後に大久保と永井謙佑(前名古屋グランパス)のプレッシャーを受けていたこともあり、自軍のゴールへボールを押し込んでしまった。

「守備の部分でみんな我慢強くゼロに抑えてきたし、最後、林(彰洋)のところで止めてくれたシュートもあった。チーム全体で耐えてきたからこそ、この勝利がこぼれてきたと思っている。このチームは本当に守備のところが安定しているので、こういう戦いができれば勝ち点を積み上げていけると思う」

 華麗ではなく、泥臭くもぎ取った感の強い開幕戦勝利に表情を綻ばせた高萩は、一方でサガン鳥栖から加入したGK林彰洋に感謝することも忘れなかった。大久保が決定機を外した直後の後半14分。FWペドロ・ジュニオールとの球際の攻防で敗れてしまった。

 失われたボールはMF土居聖真を介して、ペナルティーエリアのなかへ侵入してきたペドロ・ジュニオールへ。絶体絶命の危機は、ニアとファーの両サイドをあえて空けた体勢を瞬時に取り、相手にニアを狙わせた林のポジショニングで事なきを得た。

 ペドロ・ジュニオールがニアへパワーシュートを放ってくると察知した195センチの大型GKは、コースを見切って左手を触れる。コーナーキックへと回避した直後には雄叫びをあげて、チームメイトたちを最後尾から鼓舞した。

FC東京を内側から変えつつある「個の力」

 ゴールマウスで存在感を放つ林。利き足の左足から放たれる、正確無比なキックでセットプレーのキッカーを務めたDF太田宏介(フィテッセ)。自慢のスピードを左右両サイドでちらつかせ、アントラーズに脅威を与えた永井。そして、大久保はどす黒いと表現してもいいゴールへの執念をこれでもかとまき散らした。

 攻守両面を司る高萩を含めて、5人の日本代表経験者を加えた巨大補強はまだ機能しているとは言い難い。それでも、それぞれが体に搭載した「個の力」を存分に発揮することで、スマートさが身上だった昨シーズンまでのFC東京を内側から変えつつある。その象徴が新たに結成されたボランチのコンビとなる。

「今年は失点をしない、ということをキャンプからずっと意識してきた。相手が前に出てきてもしっかり人数をそろえて、チャレンジ&カバーを繰り返せば、そこまで危ないシーンは作られないと思うので。チーム全体として守備意識は高くもっているので、無失点に抑えられたことはすごく自信になったと」

 橋本が確かなる手応えを強調すれば、3シーズンぶりにプレーする日本で何を見せたいのかと、海外でもまれた2年間の変化を問われた高萩は照れ笑いしながらかわした。

「うーん、これからのプレーで見つけてください」

 キックオフ前の時点の通算成績が1勝4分け10敗。まさに鬼門の地と化していたカシマスタジアムで、実に10年ぶりにもぎ取った価値ある白星が、無限の可能性を秘めた新生・FC東京を加速させる。

(取材・文:藤江直人)

text by 藤江直人