Sony Mobileが新開発のメモリー積層型カメラを搭載したスマホ「Xperia XZs」を発表!5.2インチフルHD液晶や4GB RAM、防水・防塵、アルカレイドアルミボディーなど

ソニーが新スマホ「Xperia XZs」を発表!

既報通り、Sony Mobile Communication(以下、Sony Mobile)は27日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2017年2月27日(月)から3月2日(木)に開催される「Mobile World Congress 2017(MWC 2017)」に合わせてプレスカンファレンス「SONY MOBILE PRESS CONFERENCE」を開催し、新しいスマートフォン「Xperia XZ Premium」および「Xperia XZs」、「Xperia XA1」、「Xperia XA1 Ultra」、プロジェクター対応デバイス「Xperia Projector」などを発表しています。

すでに最上位モデルのXperia XZ Premiumについては詳細を紹介しましたが、今回はXperia XZ Premiumと同様に新しく開発した約1900万画素メモリー積層型CMOSリアカメラ「Motion Eye」を搭載したXperia XZsについてまとめたいと思います。

なお、Xperia XZsはグローバル市場で2017年4月より順次発売され、各機種ともに日本での販売ついては現時点では明らかにされていませんが、Xperia XZsもすでに「Xperia XZ」が販売されているだけに発売される可能性はありそうです。



Xperia XZsは昨冬モデルのXperia XZのマイナーチェンジモデルで、約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」やチップセット「Snapdragon 820(MSM8996)」(64bit対応クアッドコアCPU)などは同じながら新たにXperia XZ Premiumと同じ新開発のメモリー積層型CMOSリアカメラを搭載しました。

このリアカメラは世界初の最大960fpsスーパースローモーション機能に対応し、新規開発された「Predictive Capture(先読み撮影)」機能では被写体の動きを検出すると、自動的に最大4フレーム分の画像をバッファリングし、シャッターが押される直前の画像も記録することで、決定的な瞬間を捉る「Motion Eye」カメラシステムに対応しています。

またセンサーは1/2.3型(1画素1.22μm)の有効画素数約1900万画素メモリー積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS for mobile」で、トリプルセンシング技術や先読みハイブリッドオートフォーカス、ISO12800、4Kムービー撮影、5軸スタビライザー、BIONZ for mobileなどに対応。レンズはF2.0で25mmのGレンズを採用。



起動から撮影まではXperia XZ Premiumが0.5秒をうたっていますが、Xperia XZsは0.6秒となっています。またフロントカメラもXperia XZ Premiumと同様にF2.0の明るく広角22mmレンズを採用した1/3.06型約1300万画素積層型CMOSセンサー「Exmor RS for mobie」を搭載。

内蔵メモリー(RAM)もXperia XZから増量されて4GBになっており、内蔵ストレージ(eMMC)はシングルSIMモデルが32GB、デュアルSIMモデルが64GBを搭載。microSDXCカードスロット(最大256GBまで)も搭載。



本体色はIce BlueおよびBlack、Warm Silverの3色展開。Xperia XZは発表時にはForest BlueおよびMineral Black、 Platinumの3色で似たような色ですが、微妙に変わっているようです。サイズは約146×72×8.1mm、質量は約161g。

外観もほぼ同じでディスプレイを覆うのは端が湾曲した2.5Dガラス「Gorilla Glass」(Corning製)を採用し、アルミ素材のメタルボディーデザインとなっており、Xperia XZと同様にアルミは神戸製鋼のアルミニウム純度・輝度が高いアルカレイドという金属素材を採用。防水(IPX5およびIPX8準拠)や防塵(IP6X準拠)に対応。


バッテリーは容量が2900mAhとともにXperia XZと同じに。本体右側面には指紋センサーが内蔵された電源キーを引き続き搭載し、本体下部の充電・通信端子は新たにUSB Type-Cを採用。Qnovoの「アダプティブチャージング」やバッテリーケア、スマートスタミナ、スタミナモード、急速充電「QuickCharge 3.0」などに対応。

その他の仕様では、2.4および5.xGHzデュアルバンド対応でIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)およびBluetooth 4.2、NFC Type A/B、位置情報取得(A-GPS・GLONASS)、ステレオスピーカーなど。OSはAndroid 7.x(開発コード名:Nougat)を採用し、サービス面ではGoogle CastやDLNA、Miracast、ハイレゾ音源、DSEE HX、LDAC、デジタルノイズキャンセリングClear Audio+、S-Force Front Surround、Stereo Recording、PS4 Remote Playなどに対応。

シングルSIMおよびデュアルSIMのモデルがあり、SIMカードスロットはすべてnanoSIMカード(4FF)サイズになっています。なお、デュアルSIMモデルは片方がmicroSDカードと共用。携帯電話ネットワークではLTE UE Category 11に対応。






記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Xperia XZs 関連記事一覧 - S-MAX
Sony’s stunning new Xperia XZ Premium with the world’s first Super slow motion video in a smartphone -
Xperia™ XZs Official Website - Sony Mobile (Global UK English)