「PとJK」「ReLIFE リライフ」など
話題作にも出演した高杉真宙 (C)2018「プリンシパル」製作委員会
(C)いくえみ綾/集英社マーガレット
コミックス刊

写真拡大

 人気若手俳優の高杉真宙が、黒島結菜と小瀧望(ジャニーズWEST)のダブル主演映画「プリンシパル 恋する私はヒロインですか?」に出演することがわかった。「PとJK」「ReLIFE リライフ」「散歩する侵略者」「トリガール!」「逆光の頃」など、話題作に引っ張りだこの高杉は、今作では重要人物の一人で王子様気質のモテ男子・桜井和央に扮する。

 全7巻の累計発行部数が120万部を突破したいくえみ綾氏の人気コミックを、「花戦さ」「起終点駅 ターミナル」「地下鉄(メトロ)に乗って」の篠原哲雄監督のメガホンで映画化。北海道・札幌に引っ越してきた女子高生・住友糸真(黒島)が、和央(高杉)と舘林弦(小瀧)というタイプが真逆のイケメン男子に急接近してしまい、図らずも恋に落ちる姿を描いた。

 原作を読むなりすぐにその魅力の虜になったという高杉は、自身が演じる和央を「一見誰にでも優しく、誰にも好かれる人ですが、実は高いプライドを秘めていて男っぽく、執着心といえるほど真っ直ぐな意思を持つキャラクター」と評する。あまりにも美しい顔立ちのため、女性と見間違えられることもあるという役どころだが、「自分は漫画が好きで原作のファンでもあるので、いろいろなご意見もあるだろうなとも思います。ただ、桜井和央という人物に息を吹き込めるよう、愛を持って演じたいと思います。高杉真宙だから演じられる桜井和央にしたいと思います」と真摯に意気込んでいる。

 いくえみ氏はこの配役に大満足の様子で、「和央の再現度は120点!」と太鼓判を押し、「漫画そのままというよりは、とらわれずに高杉さんなりの和央を作って欲しい」とエール。篠原監督は「(和央は)単なる見かけだけのイケメンではなく、可愛らしさと茶目っ気を持ちながら、時に冷静に人の気持ちをわかり、いざという時に相手に力を与えてくれる強さと柔らかさを持った男の子」と説明したうえで、「僕は高杉君を見た時に和央は彼しかないと思ったし、難しいセリフ回しも独特のものにしてくれると確信した。札幌の雪景色の中でその佇まいを一層輝かせたい!」と語っている。

 映画「プリンシパル 恋する私はヒロインですか?」は、2018年に公開予定。