「Thinkstock」より

写真拡大

 私は1999年から飲食交流会というものを主催していますが、この会には飲食店開業希望者も多く参加してきます。また、14年経営していた東京・新宿のダイニングバーのカウンターには、「脱サラして商売したいんだよね〜」という方々が多くいました。そして20年近く続けている本業の飲食コンサルティングでは多くの開業希望者と接し、そのなかには「友達と共同経営します」と開業する方々もいました。

 では、その人たちはどうなったでしょうか?

 もちろん、答えは1つではありませんが、結果的には失敗となったケースや、早い時期に片方が離れていったケースが多いです。なぜでしょうか? 

 これを実例から考えてみると、主に3つの理由が挙げられます。

●仕事内容の違い

 1つ目は、「仕事内容(労力)の違い」です。共同経営だからといって、なんでも半々ということはなかなかありません。お金以外にも仕事内容(労力)や責任(リスク)というものがあります。飲食店でいえば「お金を出す人と現場を仕切る人」「ホール担当と厨房担当」など、2人が同じ仕事をするわけではありません。たとえば前者では、一方がお金を出さないでただ現場を仕切る人の場合、最初に取り決めを明確にしておかないと、共同経営といえるかは疑問が残るので、要注意です。

 共同経営とは、自分に足りない部分を補い合うためのものなので、理屈的には良いということになりますが、現実的に労力が重いほうが相手に対して疑問を持ち始めるケースが多くなります。共同経営でなくても、飲食店ではホールと厨房の確執が発生しがちです。お客さんの身近にいるホールが厨房にいろいろリクエストを伝えすぎると、厨房がキレたりすることはよくあります。

●責任の違い

 2つ目は、「責任(リスク)の違い」です。一方が店舗の賃貸借契約の名義人であったり、事業資金を多く出していたり、借入していたり、税務署等関係役所申請の代表記載者だったりすると、責任を多く負うほうがリスクも多く負いますので、共同経営の相手に対してもシビアな考え方になったりします。

●価値観の違い

 3つ目は、「価値観の違い」です。共同経営を始める前、多くの時間を一緒に過ごしてお互いの価値観をある程度理解してから始める場合ですら、商売というシビアな世界においては開業後、価値観の相違が生まれますし、新たな相手の性格に気づき始めます。この相違を認め、お互いにある程度許し合いながら前に進めることができればいいのですが、なかなかこれが難しいものです。経営がうまくいっているときは良いのですが、ちょっとうまくいかないとき、通常なら相手の問題点が気になります。

 商売に限らず人は、「自分は自分なりに」「自分の価値観に従って」行動しています。自分を悪く見せようとか、自分はがんばっていないと思いながら行動する人はほとんどいません。みんなそれなりにがんばっているつもりなのです。つまり自分のことは自分ではわからない、気づかないことが多いのです。

 でも、他の人から見たら別です。「他人のことはわかるのに自分のことはわからない」ということは恋愛話でも同じでしょう。共同経営も同じです。自分は悪くない、がんばっていると思いながら行動していると、相手の悪いところばかりが気になってくる。毎日一緒にいて売上が思わしくないと、「相手のあそこが悪い」と不満が積み上がってきます。そしてそれが不信感となってどこかで爆発し、別れることになります。

 うまくいっている共同経営の方々は、こうした問題に賢く対処しています。売上がある程度あるので、これを維持するために相手については大目にみようとか、労力に不公平感があっても労力の多いほうが寛容な心で許容していたりします。自分がなんでも許せる自信があったり、相手がかなり広い心の持ち主であったり、やはり気持ちの問題が一番大事かもしれません。

●リスクの分配

 このほかに重要なのは、利益やリスクの分配をちゃんと決められるかです。明らかに労力が違えば、取り分を増減させるとか、「見合ったもの」「お互いがある程度納得できるもの」にしないと、やはり2人の関係にヒビが入っていきます。これは「利益の分配」についてだけでなく「リスクの分配」についても大事になります。

 商売はうまくいかない確率のほうが高く、軌道に乗るまで、ある程度の時間が必要です。そのとき、資金ショートしたらどうするかなど、リスクの分配についても決めておきたいものです。多くの共同経営者は「そのときになったら対処しよう」と思って始めますが、「そのとき」には商売がスタートしていて、すでにどちらかの不満や不信感が蓄積されていたり、事業の将来性も見えてきたりして、責任やリスクが大きいほうの人が離れることになるでしょう。

 それによって傷口をそれ以上広げることなく商売の終了となったり、単独経営になるのですっきりしたかたちに落ち着きますが、共同経営としてがんばり続けたいと思えば、スタート時点で今回触れたようなことに関して、じっくり話し合うことをお勧めします。

 単独で事業を開始するよりも、相棒がいたほうが安心感もありますし、1人よりは2人のほうが活動量やスピードも倍増しますので、共同経営を否定するつもりはありません。しかし、自分と同じような人はそうそういませんし、自分にとって都合が良い人もなかなかいません。2人の相性や取り決め、いろいろな要素が揃って初めて共同経営の強みが発揮されますし、続けることもできます。共同経営を検討している方は、相手について、また各種取り決めについてじっくり考えてみてください。
(文=江間正和/飲食プロデューサー、東京未来倶楽部代表)