ユルゲン・カントナーさん。ソマリア・ベルベラで(2009年5月5日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】フィリピン政府は27日、同国のイスラム過激派組織「アブサヤフ(Abu Sayyaf)」が、身代金目当てで拉致していたドイツ人男性を斬首し殺害したと発表した。ドイツ政府は「無慈悲で非人道的」と強く非難している。

 フィリピン史上最悪級のテロ攻撃を実行してきた同組織は、ユルゲン・カントナー(Jurgen Kantner)さん(70)の命と引き換えに、3000万ペソ(約6700万円)の身代金を26日までに支払うよう要求していた。

 米テロ組織監視団体SITEインテリジェンス・グループ(SITE Intelligence Group)によると、アブサヤフは身代金の支払い期限が切れると、刃物を手にした男にカントナーさんが殺害される残虐動画をインターネット上に掲載した。

 動画の公開直後、フィリピンのヘスス・ドゥレーザ(Jesus Dureza)大統領顧問もカントナーさんの死亡を確認した。

 カントナーさんは昨年、フィリピン南部沖でヨットに乗っていた最中に誘拐されていた。
【翻訳編集】AFPBB News