米首都ワシントンの連邦議会議事堂前で行われたドナルド・トランプ大統領の就任宣誓式に出席したジョージ・W・ブッシュ氏(2017年1月20日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)元米大統領は27日、同じ共和党のドナルド・トランプ(Donald Trump)現大統領を暗に批判した。ブッシュ氏が政治やメディアに関して公の場で発言するのはまれ。

 自身も第43代大統領を務めた際にはマスコミとのあつれきが絶えなかったブッシュ氏だが、同日にNBCテレビの番組「トゥデイ(Today)」に出演した際には次のように語り、メディアを「米国民の敵」と批判するトランプ氏に異議を唱えた。

「私は、メディアは民主主義にとって不可欠だと考える。私のような人々に説明責任を果たさせていくため、メディアは必要だと思う」

「権力には時に高い依存性があり、(人々を)むしばむものだ。権力を乱用する者の説明責任をメディアが追及していくことが重要だ」

 さらにブッシュ氏はトランプ氏の発言について、外国に民主主義と報道の自由を求める米国の努力を損なうものだと指摘した。
【翻訳編集】AFPBB News