本人役で出演する志田未来
 - (C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2017

写真拡大

 今年映画25周年を迎える『しんちゃん』シリーズの最新作『映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』に、女優の志田未来が本人役で出演することが決定。しんちゃんのテレビアニメを欠かさず見ており、理想の男性にはしんのすけの父・野原ひろしを挙げるほどの『しんちゃん』ファンだという志田は、今回のオファーを受け、「お仕事のお話で、人生で初めて泣いてしまいました」と明かす。

 劇中で志田のキャラクターは、しんのすけが今最も夢中になっている若手女優として登場。物心つくころから大好きだったという「しんちゃん」の世界に入れることに志田は、「今回のオファーは本当にうれしかったです。『クレヨンしんちゃん』に出演することが、ずっと夢だったので、お話を聞いて、お仕事のお話で、人生で初めて泣いてしまいました(笑)」と大はしゃぎ。また「しんちゃんの全部が好きなので、名前を呼ばれる機会があったらうれしいです」とウッキウキの様子を見せる。

 一方でオファーした側のテレビ朝日プロデューサーは「志田さんご自身は、柔らかな空気漂う、まさにしんのすけ好みの女性ですが、本編ではそのイメージを覆しかねない意外な一面を見せる役どころになる予定です」とコメント。本人役という出演ではあるが「その振り幅と、しんちゃん愛がスクリーンいっぱいに炸裂する瞬間」を志田のために用意したことを語っていた。

 本作は主人公のしんのすけと謎の宇宙人シリリの出会いから始まる奇想天外ムービー。シリリのビームで25歳若返り、子供になってしまったひろしとみさえの年齢を取り戻すべく、しんのすけたちは日本縦断の旅に出る。監督は、シリーズ最高興行収入作品『映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語〜サボテン大襲撃〜』の橋本昌和。映画は4月15日より公開。(編集部・井本早紀)