豪プロデューサーのジャン・チャップマン氏。独ベルリン国際映画祭で(2011年2月19日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米ハリウッド(Hollywood)で26日に開催された第89回アカデミー賞(Academy Awards)授賞式では、作品賞の誤発表というハプニング以外にも、もう一つミスが起きていた。ここ1年で死去した業界人らをしのぶ追悼映像で、存命女性の写真が誤って映し出されたのだ。

 本来なら、昨年10月に亡くなったオーストラリア人衣装デザイナーのジャネット・パターソン(Janet Patterson)氏の写真が掲示されるはずが、使われたのは同じくオーストラリア人の著名プロデューサー、ジャン・チャップマン(Jan Chapman)氏の写真だった。

 チャップマン氏は娯楽誌バラエティ(Variety)に対し、「大事な友人で長年の仕事仲間でもあったジャネット・パターソンの代わりに私の写真が使われ、打ちのめされた思いだった」と明かした。

 さらに「ジャネットは偉大な美女であり、アカデミー賞に4度ノミネートされた。ミスが見落とされたことに非常に失望している」とした上で、「私は生きており元気で、現役プロデューサーでもある」と述べた。
【翻訳編集】AFPBB News