市川紗椰ら芸能人のファンも多いつりビット。“寿司法被”を着て踊る竹内夏紀、安藤咲桜、聞間彩、長谷川瑞、小西杏優(左から)

写真拡大

“釣り”をコンセプトに据えた5人組アイドルグループ・つりビットが2月26日、東京・赤坂ブリッツにてグループとして過去最大規模となるワンマンライブ「赤坂サカナ!〜みんなで釣ろう赤坂BLITZ〜」を開催した。

【写真を見る】「櫻井・有吉THE 夜会」でも使われ、山田孝之が“釣られる”ポーズを取って話題になった釣竿型兵器「ロッド君」

昨年「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)にて山田孝之とともに出演して話題となり、シングル「Chuしたい」はオリコンウィークリーチャート5位を記録。その勢い通り、前売り券はソールドアウトとなり、当日は約1000人のファンが会場に集結した。

オープニング曲「My Victory」後のMCでは、「ここからアイドル界のてっぺんを狙いたい」(聞間彩)、「2月26日を伝説の日にしたい!」(竹内夏紀)とメンバーもハイテンション。そんな中、安藤咲桜も「赤坂ブリッツでライブをやると聞いてからずっと不安だったんですけど、こうやって1000人も集まってくださってうれしいです!」と喜びを爆発させた後、「もうこんな景色は見られないんじゃないかなって…」と発言。すかさず他のメンバーやファンから「まだまだだから!」との声が掛けられると、「そう突っ込まれるのを待ってた(笑)」とかわいい笑顔を見せていた。

ライブの途中では、「櫻井・有吉THE夜会」出演時でも使用した“釣竿型兵器「ロッド君」”を使って、会場のファンに向けてぬいぐるみをプレゼントするひと幕も。

本編を「Chuしたい」で締めくくると、ファンから「釣ーった魚に餌をやれ!!」というつりビット特有のアンコールのコールが掛かる。

そしてアンコールでは「レモン海岸」と、この日が初お披露目となる2ndアルバム『Blue Ocean Fishing Cruise』収録曲「Get ready Get a chance」、そして「真夏の天体観測」を歌い上げる。その後のMCでは竹内夏紀が「赤坂GENKI劇場(※現在は閉館)から始まって4年間、こうやって赤坂ブリッツまで来られて本当に良かったなと思います。でも赤坂ブリッツがゴールじゃない、ここからまたスタートだと思って、頑張ります!」と力強く宣言。また、グループ初となる全国ツアー(仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、福岡)を行うことも発表した。

ラストは、会場からはWアンコールが“発動”。「はじめのキモチ」でファンと会場が一体となって手を振って、この日のワンマンライブを締めくくった。

なお、この日は山田孝之も来訪。自身のInstagram(@takayukiyamadaphoto)に、「エサをもらいに行きました」の言葉とともに5人に“釣られている”カットを公開して、約14万件の「いいね!」を集める(※2月27日現在)など大反響となっている。