プレゼント企画が行われたブックオフ西五反田店

写真拡大

 2月24日金曜日、「プレミアムフライデー」がスタートした。経済産業省と日本経済団体連合会(経団連)、さらに小売・飲食などの業界団体が旗振り役となり、毎月末の金曜日は15時に仕事を終えて帰るように従業員に呼びかけ、モノやコトの消費喚起につなげようという官民挙げての試みだ。

 政府肝煎りの「働き方改革」につなげる目的もあるとされ、当日は安倍晋三首相も15時に首相官邸での執務を終え、マスコミを引き連れて余暇を楽しむパフォーマンスを見せた。

 しかし、毎日残業で定時に帰ることが少ない一般の会社員にとって、プレミアムフライデーは別世界の話だ。ただでさえ、2月は日数が少なく、多くの企業は決算前のため、仕事も山積みされている。実際、経産省によると、プレミアムフライデーの導入を表明した企業は、たったの約170社。SMBC日興証券は、プレミアムフライデーの恩恵を受けるのは最大でも働く人全体の6.5%程度と試算している。

 実際のところ、史上初のプレミアムフライデーの実態はどうだったのだろうか。丸の内や新橋を中心に、当日の様子をリポートする。

●日本橋には中年女性の列、閑散とする新橋SL広場

 まず向かったのは、百貨店の「大丸東京店」だ。当日は、芸能人が登場してプレミアムフライデーを記念したカウントダウンイベントが華々しく開催されると宣伝されていた。

 しかし、会場に着くと客がまばらで、なぜか寒々とした雰囲気が漂っている。そして、14時50分に関係者にシャンパンを注いだグラスが配られ、同56分にモデルの絵美里が登場して乾杯したのだが、何を急いでいるのか、わずか1分ほどであっという間にイベントが終了してしまった。

 対照的に、多くの一般客がつめかけて入場用の整理券まで配布されていたのが、東京駅、日本橋、丸の内エリアで行われた「東京エキマチ×プレミアムフライデー」というJR東日本、三井不動産、三菱地所による連携イベントだ。盛況の理由は、都内3カ所をつなぐかたちでゴージャスなリムジンが無料運行し、車中ではシャンパンのサービスもあるという「東京エキマチプレミアムリムジン」。飲み物や食事が振る舞われる乾杯イベントが行われた日本橋会場に着いたときには、すでに長蛇の列ができていた。

 もっとも、よく見ると、列に並んでいるのは会社員ではなく、目立つのは着飾った中年女性ばかり。記者が見た限りでは、「15時に仕事を終えてやってきた」風の会社員の姿はほとんど確認できなかった。

 次に向かったのは、新橋の「SL広場」。「15時に仕事を終え、これからプレミアムフライデーを満喫しようとしている会社員がいるかもしれない」と思ったのだが、話を聞こうにもSL広場も閑散としており、16時になっても会社員の姿などまったくない。プレミアムフライデー当日の新橋の様子を取材に来たテレビ局のスタッフが、カメラを片手に途方に暮れているありさまだった。

●会社員の姿なきプレミアムフライデーの現実

 プレミアムフライデーに合わせて、外食産業や旅行会社、アミューズメント施設などは独自にセールやキャンペーンを実施することを発表し、消費の盛り上がりに期待を寄せていた。

 そこで、まずプレミアムフライデーの特別企画を実施した紳士服専門店最大手「洋服の青山新橋烏森口店」に行ってみると、店内は会社員風の客で大賑わい。さすがに、同店限定で「メンズアイテム全品半額」という過去にない規模のタイムバーゲンを実施しただけのことはある。

 店員に聞くと、「タイムセール開始前から、たくさんのお客様がいらっしゃっています。こちらもスタッフを増やして、体制を整えて対応しています」と汗だくになりながら話してくれた。当然ながら、商品やサービスを提供する側で働いている人たちには、プレミアムフライデーは関係ない。

「ブックオフ西五反田店」では、先着400名にブックオフ価格で税込1000円以内の書籍1冊を無料でプレゼントする企画を15〜18時限定で実施。記者が同店に行ったときには、すでに無料券300枚が15時45分の時点で配布終了していた。会社員がこの恩恵にあずかるには、15時になったら即仕事を終えて会社を出るしかない。案の定、客層は高齢者や主婦、学生ばかりで会社員の姿はまったくなかった。

 しかし、18時を過ぎると、飲食店は賑わいを見せ始めた。まぐろ料理中心の専門居酒屋「ニッポンまぐろ漁業団新橋店」は、プレミアムフライデー対策で通常17時の開店時間を15時に早めたところ、会社員客が増えたという。

「今日はすでに予約でいっぱいです。週末はいつも忙しいのですが、プレミアムフライデー効果はあったんじゃないでしょうか」(同店店員)

 老舗ビアホールの「銀座ライオン新橋店」は、プレミアムフライデーに合わせて15時からエビス生ビールを全品半額にするサービスを実施。ところが、会社員風の客に何人か声をかけてみたが、返ってきたのはこんな内容ばかりだった。

「うちの会社はプレミアムフライデーを導入していないので、今日も普通に17時の定時でした。今日は、ビールが安いらしいんで、なんとなく来ちゃいました」

●吉野家の限定メニュー「半丼」は大外れ?

 結局、15時から18時すぎまで、多くの会社員風の人たちに声をかけてみたが、プレミアムフライデーで15時に仕事を終えたのは、わずか1組だった。前述の「働く人全体の6.5%程度」という試算の通り、やはりプレミアムフライデーの恩恵を受けるのは大企業の一部だけのようだ。

 しかも、プレミアムフライデーで需要が増えるとされた「コト消費」にしても、惜しみなくお金が使えるのは大企業で働く高収入の会社員とその家族などに限られる。プレミアムフライデー推進協議会のホームページには、高級ホテルの豪華なディナー、ワインやシャンパン、ブランド牛の霜降りステーキなどの写真が掲載されているが、こんなぜいたくな余暇を楽しめるのは、ごく一部の人たちだけだろう。

 外食や小売業のお得なセールなども、利用できるのは時間的余裕のある高齢者や主婦、学生である場合が多い。一般の会社員は、せいぜいお得なサービスを打ち出す飲食店を見つけて、わずかな節約に励む程度だろう。

 そして、今回のリポートでもわかるように、この官製キャンペーンのしわ寄せは、最終的には低賃金・長時間労働を余儀なくされている飲食業やサービス業の現場で働く従業員に向かうのが実態だ。こんな無理のあるキャンペーンを続けていたら、ますます格差が広がるだけではないだろうか。

 史上初のプレミアムフライデーとなった2月24日、牛丼チェーン大手の「吉野家」では限定メニューの「半丼」が提供された。おそらく、1980年代まで官公庁や多くの企業で当たり前だった「土曜半休=半ドン」にかけた名称で、白飯に牛皿と豚皿がつき、相がけをして楽しめるというもの。価格は450円(税込/以下同)だ。

 だが、記者が店内を見回した限り、半丼を注文している客はほとんどいなかった。いつもと同じ「ノーマルフライデー」を戦い抜いた普通の会社員たちが、プレミアムフライデーなどまるでなかったかのように、黙々と380円の牛丼並盛をかき込んでいた。
(文=鉾木雄哉、福田晃広/清談社)