Sony Mobileが新ハイエンドスマホ「Xperia XZ Premium」を発表!世界初の5.5インチ4K HDRディスプレイや約1900万画素メモリー積層型CMOSリアカメラ、4GB RAMなどを搭載

ソニーの新スマホ「Xperia XZ Premium」が発表!

既報通り、Sony Mobile Communication(以下、Sony Mobile)は27日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2017年2月27日(月)から3月2日(木)に開催される「Mobile World Congress 2017(MWC 2017)」に合わせてプレスカンファレンス「SONY MOBILE PRESS CONFERENCE」を開催し、新しいスマートフォン「Xperia XZ Premium」および「Xperia XZs」、「Xperia XA1」、「Xperia XA1 Ultra」、プロジェクター対応デバイス「Xperia Projector」などを発表しています。

中でもXperia XZ Premiumは世界初の4K HDRディスプレイを搭載し、最新ハイエンドチップセット「Snapdragon 835」を搭載して下り最大1Gbpsの高速回線通信に対応するなど、非常にハイスペックになっています。

各機種ともに日本での販売ついては現時点では明らかにされていませんが、恐らく従来からの流れからすればXperia XZ Premiumは日本でも発売されるでしょう。今回はそんなXperia XZ Premiumについて詳細に紹介したいと思います。なお、発売時期は晩春よりとなっています。

01_Xperia_XZ_Premium_silver_dualview

Xperia XZ Premiumは初の4Kディスプレイを搭載した「Xperia Z5 Premium」の後継機種となり、新たにHDR技術を導入したより輝度の高い明るいディスプレイパネルを導入しています。

画面は約5.5インチ4K UHD(2160×3840ドット)IPS方式TFT液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」を搭載し、ディスプレイを覆うフロントだけでなくリアも強化ガラス「Corning Gorilla Glass 5」で覆われており、防水(IPX5およびIPX8準拠)や防塵(IP6X準拠)にも対応。

14

外観は素材と質感にこだわり、丸みを帯びたフレームと一体感のあるディスプレイデザインを採用し、手のひらになじむフォルムを追求。鏡面仕上げによって水面のような輝きを生み出す「ルミナスクロム」と深海のように深みのある青みを感じさせる高級感をもった「ディープシーブラック」の2色で展開します。

10

11

03

04

05

サイズは約156×77×7.9mm、質量は約195g。電池も3230mAhバッテリーを搭載し、スマートスタミナやバッテリーケア、急速充電「QuickCharge 3.0」、Qnovoの「アダプティブチャージング」機能に対応。本体右側面にある電源キーには指紋センサーを内蔵。

画面は広いダイナミックレンジの輝度情報を扱えるため明るさと色域の表現が豊かになり、肉眼で見ているかのような奥行き感や立体感のある映像を再現します。従来通りに「X-Reality for mobie」やダイナミックコントラストエンハンサーにも対応。sRGBカバー率は138%に。

さらにAmazonと協業することにより、Amazon プライム・ビデオにてモバイル向けとして初めて4K HDRコンテンツが配信されることになったとのこと。これにより、スマホとコンテンツが同時に4K HDRに対応することで新しい視聴体験を実現します。

13

12

最新のチップセットであるSnapdragon 835を搭載し、LTE UE Category 16によってキャリアアグリゲーション(CA)や4x4 MIMO、256QAMに対応し、下り最大1Gbpsで利用可能にしたことで、4Kの高画質動画が数秒間でダウンロード可能となるなど、高速で快適な操作を実現。

Snapdragon 835(MSM8998)は64bit対応オクタコアCPU「Kyro 280」(2.45GHz×4コア+1.9GHz×4コア)やGPU「Adreno 540」、通信チップ「X16 LTE」、ISP「Spectra 180」、DSP「Hexagon 682」、セキュリティーパッケージ「Haven Security Suite」を内蔵した統合SoCでQualcomm初の10nmプロセスルールで製造されています。外部接続端子ではUSB Type-Cを採用し、USB 3.1 Gen1に対応してるため、従来比(USB 2.0)最大10倍となる、最大5Gbpsでデータ転送可能。

06

02_Xperia_XZ_Premium_CameraComponents

07

08

09

加えて、世界初の最大960fpsスーパースローモーション機能に対応したリアカメラを搭載。新規開発された「Predictive Capture(先読み撮影)」機能では被写体の動きを検出すると、自動的に最大4フレーム分の画像をバッファリングし、シャッターが押される直前の画像も記録することで、決定的な瞬間を捉えます。

これらは新たに「Motion Eye」カメラシステムに対応した1/2.3型(1画素1.22μm)の有効画素数約1900万画素メモリー積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS for mobile」によるリアカメラを搭載。トリプルセンシング技術や先読みハイブリッドオートフォーカス、ISO12800、4Kムービー撮影、5軸スタビライザー、BIONZ for mobileなどに対応。レンズはF2.0で25mmのGレンズを採用。フロントカメラもF2.0の明るく広角22mmレンズを採用した1/3.06型約1300万画素積層型CMOSセンサー「Exmor RS for mobie」を搭載。

15

17

16

その他の仕様では、4GB内蔵メモリー(RAM)および64GB内蔵ストレジ(UFS)、microSDXCカードスロット(最大256GBまで)、2.4および5.xGHzデュアルバンド対応でIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.0、NFC Type A/B、位置情報取得(A-GPS・GLONASS)、ステレオスピーカーなど。

OSはAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)を採用し、サービス面ではGoogle CastやDLNA、Miracast、ハイレゾ音源、DSEE HX、LDAC、デジタルノイズキャンセリングClear Audio+、S-Force Front Surround、Stereo Recording、PS4 Remote Playなどに対応。

シングルSIMおよびデュアルSIMのモデルがあり、SIMカードスロットはすべてnanoSIMカード(4FF)サイズになっています。なお、デュアルSIMモデルは片方がmicroSDカードと共用。

03_Xperia_XZ_Premium_Viewing










記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Xperia XZ Premium 関連記事一覧 - S-MAX
Sony’s stunning new Xperia XZ Premium with the world’s first Super slow motion video in a smartphone -
Mobile World Congress 2017出展について- 世界初スーパースローモーション機能と4K HDRディスプレイ搭載のXperia XZ Premium、 投写したスクリーンに触って操作できるスマートプロダクトXperia Touchなどを発表 - | ソニーモバイルコミュニケーションズ