群馬の小林竜樹、J1・J2通算200試合出場…プロ入り10年目で達成

写真拡大

 ザスパクサツ群馬に所属するMF小林竜樹が、J1・J2リーグ通算200試合出場を達成した。クラブの公式HPが伝えている。

 小林は26日、明治安田生命J2リーグ第1節のV・ファーレン長崎でベンチ入り。70分からピッチに立ち、節目の200試合出場を果たした。

 小林は1985年生まれの31歳。駒澤大学出身で、2008年に湘南ベルマーレに加入した。2009年8月からはザスパ草津(現・ザスパクサツ群馬)へ期限付き移籍で加入。2010年に湘南へ復帰した後、2011年7月から草津(現・群馬)でプレーを続けている。昨季は明治安田生命J2リーグで34試合出場3ゴールを記録した。

 キャリア通算で、小林はJ1で1試合出場、J2で199試合出場22ゴールを記録。J1・J2合計で200試合出場を達成した。J2単独での200試合到達にも残り「1」と迫っている。

 小林はJ1・J2通算200試合出場達成にあたり、以下のようにコメントしている。

「今年、10年目にして200試合出場を達成することができました。節目な年としてまだまだこれからも続けていけるよう、努力して頑張っていきたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします!」