保護施設で一番小さかったという子猫のウィンストン。

とある夫婦に引き取られ、新しい家ですくすくと成長しました。

そして1年後……大きく成長したのは体格だけではありませんでした。

 

He turned 1 today. Went from a snack sized cat pod to a loaf of fluff.


里親となった夫婦にベッタリで、家中を走り回るほど元気いっぱい。

数カ月もすると、ふわふわの毛並みになりました。


クリスマスには最高のプレゼントになろうとして、包装紙にくるまるウィンストン。


シャワーも大好きで、洗面台にも自ら収まるほど。

しかし収まり切らない物が……。

[画像を見る]
そう、しっぽが猫とは思えないサイズに!

[画像を見る]
身長と同じくらい、だらーんと伸びたしっぽ。

[画像を見る]
赤ちゃんのときと比べると、成長度合いがよくわかりますね。

飼い主さんによると、好奇心旺盛でよく駆けずり回っているウィンストンは、まるでしっぽだけが移動して見えるとのことです。

【「かわいい子猫が育ったら1番成長したのはここだった」飼い主を驚かせた理由】を全て見る