いい女ほど褒め上手! 男をその気にさせる快感ワード

写真拡大

素敵な男性をどうしても振り向かせたい時に有効なのは「褒める」という行為。
でもただのありふれた褒め言葉では男性の心には響きません。男性をその気にさせる「快感ワード」をご紹介します。

求める価値が変わってきた

男という生き物はなんてバカでアホで愛しやすいのだろう、と最近よく思います。
単純で動物的で見栄っ張り。だけどそこに対等に向かい合っちゃうと、張り合いの喧嘩ばかりになってしまう。私も随分無駄の多いタイマンはってきたな、とようやく思える年にもなりました(笑)。

さて、一昔前の男性達は、学歴や収入など、そもそもの自分ではなく、後付けステイタスを褒められる事が自分の価値であり、それ自体がステイタスとなっていましたが、時は流れ、世の男子達も随分目覚めてきたように思います。
もちろん、自ら頑張っている事、得意な事、目指しているものに対してのワーキャーも嬉しいのは嬉しいでしょうが、まずはそもそもの自分、何て事のない日常に隠れた本当の自分、存在、実在、ここに意識する人達が震災後、特に増えたと思います。これをきちんと見てくれる、見抜いてくれる女性を「何か他と違う」と嗅ぎわけるのです。
月にいくら稼いでいたって、命あっての人生という事に多くの人達が気付き、じゃあ私って何? 俺って誰? みたいな哲学者が増えたわけです。

そんな小難しい事も増えつつ、だからこそ感覚的なものも増えてきました。現在、スピリチュアル産業というものが大きく発展していっているのはそういった理由でもあるのでしょうね。

男が喜ぶ褒めポイント

じゃあ何を褒めたら嬉しいわけ?? では早速ずっぱりいっちゃいましょう。
まずは顔。もうこれはどの男子も絶対です。傍から見たら不細工だって自分が好きだったらいいんです!他人には車だん吉に見えてても、自分にはフミヤに見えていればいいんです!(経験談)
「何か顔が好き」ってこれは男女共に嬉しいですよね。

それから声。常に発する音。その音が好きと言われるとモチベーションが上がるという男子は多いです。誰にも見る事の出来ない、だけど確実に存在している自分だけの音。これを褒められると何とも言えない高揚感があるようです。

そして。匂い。いわゆる香水ではなく体臭です。首筋からほわっと薫るような匂い。隣に座って「いい匂いするね」と言って「あ、この香水使ってるから」と言われても「違う、香水じゃなくて何か甘いいい匂いがする」とか答えちゃったら、間違いなく「俺達相性がDNA的にいいのかも」なんて2秒で勘違いしてしまうほどの効果!
目に見える物もいいけれど、見えないからこそ個性が表れる。そんな部分をくすぐる女は、まさにいい女、となるのです。

Written by 西脇理恵
Photo by Vive La Palestina