『ひるね姫〜知らないワタシの物語〜』の舞台挨拶に登場した高畑充希

写真拡大

神山健治監督の劇場オリジナルアニメーション『ひるね姫〜知らないワタシの物語〜』(3月18日公開)の完成披露舞台挨拶が、2月27日に丸の内ピカデリー1で開催。主人公・ココネ役でアニメーション映画初参加となった高畑充希や、神山監督らが登壇した。

【写真を見る】『ひるね姫』出演者の夢診断の結果とは…?

高畑に加え、満島真之介、古田新太、前野朋哉、高橋英樹、江口洋介、神山健司監督の計7名が登場したこの日のイベント。高畑は「完成した映画を昨日見たんですが、泣きそうになったり、鳥肌が立ったり、アニメの力ってすごいなって思いました」と自身の感想を交えながら、作品を力強くPR。

神山監督は「キャストのみなさん、そして3年間という長い制作期間を支えてくれたスタッフのおかげで、僕はここまできました。不安も感じますけど、観客のみなさんに早く見てもらいたいです」と言葉をかみしめながら、感慨深い様子で喜びを表した。

アフレコについては苦戦を強いられたという高畑。「岡山弁や1人2役の演じ分けも難しかったんですけど、なによりも(相手がその場にいない状態で)1人で演じるというのが…」とアフレコ現場の様子を明かすと、満島は驚きの表情を浮かべて「高畑さん、僕と一緒にアフレコしてるんですけど…(笑)。いないことにされていて、少し寂しいです!」とつっこみ、会場を和ませた。

イベントでは、夢に隠された秘密を探っていく本作のストーリーにちなみ、心理コンサルタント・晴香葉子氏による夢診断も実施された。最近見た夢が「稽古中だった舞台を本番直前で降ろされる夢」「仮眠中、ひたすら水を飲まされ続ける夢」だったという高畑は、“自虐的で打たれ強い”という結果に。高畑はこれに対し「その通り!」と納得しながらも「私、ドMなのかな…?」とどこか困惑している様子だった。

高畑以外にも「空を飛んでいたら下にナマケモノがいた夢」を見たという古田が“ざっくりとしたお人よし”と診断されるなど、アバウトな結果に会場は大ウケ。和やかなムードのままイベントは幕を閉じた。【取材・文/トライワークス】