もうすぐ、多くの企業が繁忙期に入ります。忙しくなるとすれ違いやすくなることもありますし、新年度が始まれば、それまでの生活が一変することもあるでしょう。「そんなことがあるわけがない、この人は私だけを一途に想っていてくれるはず」――そう思いながら、彼氏の浮気を疑いたくなるときだってあると思います。
仕事が忙しくなった、遠距離になったなど、環境が変わったときには(とくに)不安に襲われやすい気がします。それが杞憂であることを願うばかりですが……どのようにして、その疑惑が真実か否かを見極めればいいのでしょうか?

(1) 出張が多くなり、連絡量が増減する

それまで出張などなかったのに部署変えや職場を変えた途端に出張が増えるというのは、少しばかり不安要素ではありますね。もちろん、本当に出張が増えただけなのかもしれませんが、それに加えて連絡量が増えたり減ったりするのはグレーゾーン。やましいことがあるからこそ、連絡量が増減しているのかもしれませんよ。

(2) 連絡ができないほど、仕事が忙しくなる

もはやブラック企業と言われてもイイのではないかというくらい、早出と残業に追われているというような状態だと考えられなくもありませんが、急にそんなに“とてつもない忙しさ”になることは、ほとんどないでしょう。ましてや、急に連絡ができなくなるなんてことも、普通に考えればあり得ません。一度、彼のライフスタイルをこっそり確認してみてもいいかもしれません。

(3) 数秒間以上目を合わせなくなる

目が泳ぐという言葉があるように、誰しもやましいことがあるときには目を合わせなくなるものなのです。じっと見つめられると、嘘や秘密がバレてしまうような気がする――そんなふうに感じてしまうせいかもしれませんね。

(4) スマホのロックパターンが変わった

ロックを解除するときの手の動きが以前と違うとなれば、これは限りなくクロに近いかもしれません。ロック解除の手の動きなんて、そんな細かいところまで気づかないだろうと思っているのかもしれませんが、そういう細かい部分にこそ女性は注目しているものなんですよね〜。

(5) LINEの未読スルーが増えた

仕事の忙しさや疲労などを言い訳に未読スルーが増えるのは、もしかしたら興味の対象が(あなたから)ほかの女性へと移りつつあるから……かもしれません。

いかがでしたか? 上記はあくまでもひとつの指標です。とどのつまり、もしも怪しいと思ったら、しっかりと腹を割って話し合うことがもっとも効率的な解決策なのかもしれませんね。はっきりとした確証もないのに、感情にまかせて彼を責めることだけは絶対にNGですよ?