ナイスコンビで会場をわかせた高畑充希と満島真之介

写真拡大

 女優の高畑充希と俳優の満島真之介が27日、都内で行われたアニメーション映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』完成披露試写会に登壇。満島は、高畑と声優という普段とは違う仕事で初共演して苦労を共にするも、今となっては自分の存在が高畑の記憶から完全に消え去っていることを嘆いた。この日は、古田新太、前野朋哉、高橋英樹、江口洋介、神山健治監督も来場した。

 本作は2020年夏、東京オリンピックの3日前に、父モモタロー(江口)に起きた事件の真相を探るため、平凡な女子高生ココネ(高畑)が幼なじみのモリオ(満島)と一緒に夢と現実をまたいだ不思議な旅に出る姿を描いたロードムービー。

 初めてアニメーション映画の声優を務めた高畑は、「普段は相手が(その場に)いて(演技を)やっているので、相手がどういう話し方をしているかわからない中で声を入れたり、妄想でいろんなことを補うことは難しかったです」とアフレコに苦戦したことを告白する。劇中ではココネ、モモタロー、モリオが一緒のシーンがあるのだが、「江口さんとは今日初めてお会いしたんです。映画の中だと(親子の)年月を感じたりするんですけどね」と明かし、「声優って恐ろしい仕事だなと思いました」とぶっちゃけた。

 しかしここで満島は、「高畑さんは妄想で全部やっていたと言いましたけど、僕とは(収録を)一緒にやっているんですよ」と訴えると、「僕がいなかったことになっていて寂しい……」としょんぼり。とはいえ人が良い満島は、高畑と自分との距離感が、ココネとモリオのそれに似ていることから「(忘れられている方が)ちょうどいい」と笑い、「ごめんなさい」と謝る高畑に逆に「ありがとうございます」とお礼を言って会場を笑わせていた。(取材/錦怜那)

映画『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』は3月18日より全国公開