「彼氏が喜ぶこと」って? 愛され彼女が心がけるべきこと

写真拡大

「大好きな彼氏に喜んでもらいたい!」そう思う女性は多いですよね。しかし一概に「彼氏が喜ぶこと」と言っても、LINE・デート中の行動や言葉・サプライズ……いろいろあると思います。それぞれ、いったい何をすれば彼氏は喜んでくれるのでしょう? 今回は「彼氏が喜ぶこと」について社会人男性にアンケート調査した結果と、専門家に聞いた「彼氏が喜ぶポイントを見つけるコツ」をご紹介します。

<目次>
■「彼氏が喜ぶこと」って? 社会人男性にアンケート調査!
・彼氏が喜ぶ「LINE」
・彼氏が喜ぶ「行動」
・彼氏が喜ぶ「言葉」
・彼氏が喜ぶ「サプライズ」
■彼氏が喜ばない「絶対にやってはいけないこと」
・しつこく連絡が来る
・デートをドタキャンされる
・疲れているのに話しかけられる
・過剰な嫉妬や束縛をされる
■まとめ

■「彼氏が喜ぶこと」って? 社会人男性にアンケート調査!

LINE・デート中の行動や言葉・サプライズなど、彼氏を喜ばせるためのシチュエーションはいろいろあります。それぞれ、どんなことをすると彼氏は喜んでくれるのでしょうか? 今回は社会人男性のみなさんに、今まで彼女にされてうれしかったことについて、アンケートで聞いてみました。

<彼氏が喜ぶ「LINE」>

彼氏に送ると喜んでもらえるようなLINEとは、いったいどんな内容なのでしょうか? 男性たちに聞いてみました。

◇「体調大丈夫?」など体調を気づかうLINE

・「出張でなかなか会えないときに、毎日体の心配や体調を気づかうLINEを送ってきてくれる」(25歳/商社・卸/営業職)

・「すぐに会えない状態でこちらの体調を心配してくれたとき」(30歳/医薬品・化粧品/技術職)

彼の体調を気づかう内容のLINEは、やはりうれしいと感じる男性が多いようですね。特に疲れているときなどは、純粋にありがたいと感じるのではないでしょうか。

◇「早く会いたい」など気持ちを伝えるLINE

・「会いたいとか、会えなくて寂しいとか。愛されてる感があるので」(34歳/その他/クリエイティブ職)

・「仕事が終わったら、早く会いたいね! ってLINEで言われたこと」(22歳/その他/その他)

会いたいという気持ちを伝えられると、男性も素直にうれしく感じるようです。求められると、愛されているような気持ちになって、キュンとしてしまうのではないでしょうか。

◇「デート楽しかったね」など感想を伝えるLINE

・「デートから帰ってきたあとに、楽しかった、またどこか行こうねといった内容で来たとき」(39歳/医療・福祉/営業職)

・「デートのあと、今日は楽しかったよと言われた」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

1日デートを楽しんで、その感想を送ってもらえると、楽しい出来事や彼女のことを思い出してうれしくなってしまう男性もいるようです。うれしさのあまり、またすぐにでも会いたいなと思うのではないでしょうか?

◇「お疲れ様」など労いのLINE

・「お疲れ様の一言で、こいつのために仕事がんばろうって思える」(35歳/金融・証券/技術職)

・「仕事で疲れているときに、お疲れ様、いつもがんばっているね、とLINEをくれたこと」(35歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

疲れているときに、労うような言葉を送ってもらえると、疲れも和らぐようです。気にかけてくれたこともうれしいと思うのではないでしょうか。

多くの男性たちは、LINEで自分の体調や疲れなどを気にかけてくれるような内容を受け取るとうれしいと感じるようです。また、会いたいなどと気持ちをストレートに伝えてもらうこともうれしいようですよ。

<彼氏が喜ぶ「行動」>

次に、彼氏が喜ぶような行動についてもチェックしていきましょう。どんな行動が男性を喜ばせるのでしょうか?

◇手料理をごちそうしてくれた

・「彼女の部屋に初めて訪れたときに作ってくれた手料理」(38歳/その他/事務系専門職)

・「疲れて帰ってきたときに手料理で迎えてくれた」(37歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「手料理がとてもおいしかったです」(38歳/運輸・倉庫/その他)

彼女の手料理に喜ぶ彼氏はたくさんいるのではないでしょうか? 疲れて帰宅したときに、おいしくて温かい料理が用意されていると、うれしくてテンションも上がりそうですよね。

◇会いに来てくれた

・「彼女から会いたいといって会いに来てくれたこと」(38歳/自動車関連/技術職)

・「夜遅くても会いに来てくれた」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

彼女のほうから自分に会いに来てくれてうれしかった、という声も。その積極的な行動から愛を感じて、うれしくなりそうですよね。

◇風邪をひいたときに看病してくれた

・「風邪のときの献身的な看病とかうれしい」(33歳/その他/事務系専門職)

・「風邪をひいたときに看病してくれた」(37歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

風邪をひいたときは、体はもちろんのこと、心だって弱っています。そんなとき、彼女がやさしく看病をしてくれたら、心からうれしく思い、とても喜ぶようですよ。

◇落ち込んでいるときに癒してくれた

・「落ち込んでるときに、何も言わずにそばにいてくれた」(37歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「落ち込んでつらいときにずっと励ましてくれたこと」(32歳/その他/事務系専門職)

落ち込んでいるときに黙って話を聞いてくれたり、励ましてくれることがうれしいという男性も多いようです。つらいときに彼女が支えになってくれるという安心感は、大きいものですよね。

彼女が彼氏のことを思いやってする行動に、多くの男性が喜びを感じるようです。特に普段あまり手料理を振る舞ってもらうことがなかったりすると、いざ振る舞ってもらったとき、その喜びは大きいでしょう。

<彼氏が喜ぶ「言葉」>

続いて、男性が彼女に言われて喜ぶ言葉には、どのようなものが挙げられるのでしょうか? こちらも男性に聞いてみました。

◇「好きだよ」など愛情を伝える言葉

・「やっぱり、好きだよ! っていう言葉です!」(31歳/その他/その他)

・「好きな気持ちを言ってくれたらうれしい」(27歳/機械・精密機器/営業職)

とてもシンプルではありますが、好きだよと気持ちを伝えてくれるような言葉は、いつだって喜んでしまうようです。なかなか口にするのが恥ずかしい言葉だからこそ、喜びも大きいのではないでしょうか?

◇「ありがとう」など感謝を伝える言葉

・「ありがとうなど、心のこもった一言はとてもうれしいです」(29歳/不動産/営業職)

・「何気ない日に『いつもありがとう』と、感謝の言葉を言われたこと」(39歳/機械・精密機器/技術職)

ありがとうといった感謝の気持ちを言葉にしてもらえると、なんだかジーンときてしまう彼氏も多いようです。記念日など特別な日はもちろん、何気ないときに言われても喜ぶようですよ。

◇「会いたい」など気持ちを伝える言葉

・「『会いたい』って言われるのはうれしい」(38歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「会いたいという言葉。ありがたい」(30歳/建設・土木/技術職)

会いたいと言ってもらえるのも、彼氏としてはうれしいといいます。自分が求められていることを実感する言葉だと、多くの男性は感じているようですね。

◇「お疲れ様」など労いの言葉

・「仕事ですごく疲れているときに労ってもらってうれしかった」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「残業のあとに電話したらお疲れ様と言われた」(37歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

疲れているようなときには、やさしく労ってくれるような言葉がありがたいと感じるようです。お疲れ様など簡単な言葉でも、心がこもっていればうれしいと感じるようですよ。

どの男性も、意外とシンプルな言葉を言われると喜ぶと答えてくれました。ありがとうなどの感謝の言葉や、好きといった愛情を伝える言葉は、普段なかなか言える言葉ではないので、たまに伝えてあげるといいでしょうね。

<彼氏が喜ぶ「サプライズ」>

サプライズが好きなカップルもいますよね。次は、男性が彼女にされてうれしく感じたサプライズについて聞いてみました。

◇心のこもった手紙をくれた

・「お弁当に感謝のメッセージがあるちょっとした手紙が入っていた」(38歳/情報・IT/技術職)

・「会社のかばんの中に、サプライズでお弁当と愛してるの手紙が入っていたことです」(37歳/情報・IT/事務系専門職)

・「何気なく帰ってきたら手紙が届いていた」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

特別なときの愛情たっぷりの手紙もうれしいものですが、何気ない日に突然渡される感謝の手紙なんかも、すごくうれしいようですね。びっくりする気持ちも相まって、感動も大きくなるようです。

◇手作りの品をくれた

・「不意打ちで手作りお菓子をもらう。不意打ちがいい」(30歳/建設・土木/技術職)

・「手作りのマフラーを送ってくれたとき」(37歳/食品・飲料/技術職)

手作りの品が苦手だという男性もいるかもしれませんが、大好きな彼女が愛情込めて作ってくれたものならうれしいという彼もいるでしょう。特別ではないときなどに、ポンと渡されるとびっくりしそうですよね。

◇家にプレゼントを届けに来てくれた

・「突然家にプレゼントを持って来てくれたことがあった。本当に予想外で驚きました!」(男性/27歳/その他/その他)

・「誕生日に家までプレゼントを届けに来てくれた」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

プレゼントをただ渡されるよりも、ちょっぴり工夫がされていると印象もぐっとよくなるようです。家にプレゼントを届けに来てくれるのは、驚きもありそうですが、うれしいと思う男性が多いよう。

あまりにも仰々しいサプライズは逆に恥ずかしくて引いてしまうという男性もいるようですが、基本的には彼女の気持ちがこもっていればうれしいと感じられるようです。何でもないときのお手紙なんかは、ライトな感じがするけれどうれしいサプライズなのではないでしょうか?

■彼氏が喜ばない「絶対にやってはいけないこと」

逆に、彼氏が喜ばない「絶対にやってはいけないこと」とはどんなことなのでしょうか? 男性のみなさんに、今まで彼女にされていやだったことを聞いてみました。

<しつこく連絡が来る>

・「気分が乗ってないときに連絡がしつこく来る」(23歳/電機/秘書・アシスタント職)

・「飲み会なのにしつこく連絡してくる」(37歳/自動車関連/事務系専門職)

自分の状況や気持ちを無視して、しつこく連絡されることを嫌がる人は多いでしょう。彼の気持ちも離れていってしまいそうです。

<デートをドタキャンされる>

・「デートの前日にドタキャンされたとき」(39歳/医療・福祉/営業職)

・「デートの約束で待っていたがドタキャンされたこと」(29歳/情報・IT/技術職)

デートをドタキャンされて、ひどく傷ついたという声も。やむを得ない事情なら仕方ないかもしれませんが、そうでないとしたら、彼女に対する信用は崩れてしまうでしょう。

<疲れているのに話しかけられる>

・「疲れているときに、すごいしゃべりかけてくること」(38歳/自動車関連/技術職)

・「すごく疲れて仕事が終わって家に帰ってから、あれこれ話をされること」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

意外にも多いのが、疲れているときに話しかけられることを嫌がる男性です。女性としてはいろいろと話を聞いてほしい気持ちもあるのでしょうが、男性の状況や気持ちにも配慮が必要ですよね。

<過剰な嫉妬や束縛をされる>

・「今何してる? とかの束縛行為は信用されてないのかと、寂しい気持ちになる」(35歳/金融・証券/技術職)

・「飲み会とかでほかの女性に嫉妬する」(36歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

過剰な嫉妬や束縛は、信頼されていないのかと思われることもあります。ヤキモチをやいてしまうことはあっても、あまりにも彼氏を束縛するようなことはやめておきましょう。

好きな気持ちがあっても、彼を束縛したりしつこく連絡してしまうような行為は、彼氏から嫌がられてしまうことがあります。彼氏のことを思うのであれば、彼氏の状況や気持ちを第一に考えて行動することが大切なのではないでしょうか?

■まとめ

彼氏を喜ばせようと努力をする気持ちが、彼氏としては一番うれしいと感じるはず。しかし何でも自分本位で押しつけるような行動をとってしまっては、気持ちが伝わらないだけでなく、彼氏が離れてしまうきっかけにもなってしまいます。彼氏を喜ばせるために、思いやりのある態度で接してあげてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年2月17日〜2月18日
調査人数:130人(22〜39歳の男性)