もう未来そのものです。

昨年5月に発表された、Google(グーグル)のAI(人工知能)を利用した音声アシスタントこと「Google Assistant」。MacRumorsによると、新たにAndroid 6.0以降搭載のAndroidスマートフォンに配布されることが発表されましたよ!


Google Assistantは人の会話を理解し、関連情報を表示する音声アシスタント。前後の文脈も理解しようとするなど、先進の機能が盛り込まれています。ただし、もともとGoogleのスマートフォン「Pixel」やGoogle Home、Allo、Android Wearだけが利用できていたんですね〜。

しかし今後はAndroid 7.0 Nougat/Android 6.0 Marshmallowを搭載したスマートフォンに順次ロールアウトされることになります。ソフトウェアはまずは英語圏、次にドイツ語、そして他の言語でも年内に配布される予定です。

なお、同じく音声アシスタントのApple(アップル)の「Siri」との比較では「素早いけど会話は苦手」と評されてしまった、Google Assistant。でも、これは人工知能ですからね。技術革新によって、これからもっともっと賢くなるはずですよ!


・Google AIはどう考えているんだ? 「Google 翻訳」のリアルタイムカメラ翻訳機能が便利で大喜利


image: MacRumors
source: MacRumors

(塚本直樹)