2年ぶりにJ1に復帰した清水だが、神戸との開幕戦を落とし黒星スタート。本拠地で歓喜を味わうことは叶わなかった。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

[J1・1節]清水0-1神戸/2月25日/アイスタ
 
「J2とは違ってプレスが速いし、スペースもないので、一瞬判断が遅れただけでボールを失ってしまう場面が多い。そこは今後、改善しないといけない」(鄭大世)

【清水 0-1神戸 PHOTO】こぼれ球を橋本が決勝点!清水はJ1復帰戦を飾れず。
 
 双方のシュートやチャンスの数はほぼ同じで、スコアも僅差。一見すれば互角の戦いだったが、ピッチで戦った清水の選手たちは改めて「J1レベル」を痛感し、決して小さくはない差を肌で感じていた。
 
 試合の入りは決して悪くなかった。手堅い守備からカウンター、あるいは、サイドを起点としたコンビネーションプレーでゴールに迫るなど、タレントを揃える神戸を相手に堂々と渡り合った。
 
 特に好感が持てたのはディフェンス面だ。中盤で敵のパスコースを遮断し、前線のレアンドロ、田中順也への供給源を断つことに成功。ゴール前にロングボールを放り込まれても、犬飼智也、角田誠の2CBが息の合った補完関係を築いてピンチを潰し、前半は相手のシュートを2本に抑えた。「意図的に(ボールが)取れていた。グループで取れているところもはっきりある」(小林伸二監督)とのコメントからも、充実感は感じ取れる。
 
 一方で、攻撃面はどうか。FW金子翔太が前線から敵を追い回し、高い位置でボールを奪った流れからカウンターへと転じる狙いは見て取れた。ただし、せっかく敵陣へ侵入しても、アタッキングサードでのミスが目立っていてはチャンスの芽は膨らまない。
 
 その点は、鄭もこう指摘する。
 
「もっと攻撃の時間を増やさないと。そのために、もう少しポゼッションの質を向上させなければいけないし、サイドからのビルドアップの質も高めたい。あとは、攻撃の時に人数をかけて崩すことができたらと思う」
 
「自分たちから上手く仕掛けられなかった」(白崎凌兵)と言うように、見方によっては、神戸の術中にハマった試合でもあっただけに、昨季から積み上げてきたものをピッチ上でいかに体現できるかは、J1で戦っていくうえでのひとつのテーマになるだろう。
 攻撃面でもうひとつ気掛かりなのは、鄭への依存度の高さだ。
 
 攻撃を牽引してきた大前元紀(大宮へ移籍)を今オフに失い、その代わりとなる人材は現時点で見当たらない(新たにブラジル人FWを獲得するとの報道もあるが)。
 
 そうなると、必然的に鄭への負担は増える。神戸戦では前線でボールを収めつつ、両チーム最多となるシュート(4本)を放つなど孤軍奮闘。存在価値の高さを改めて示したが、裏を返せば、そこに頼らざるを得ない事実が浮かぶ。
 
 神戸からすれば的を絞りやすく、清水のストロングポイントを消すことで自分たちの展開に持ち込みやすくなる。実際、ゴール前でマッチアップした神戸の渡部博文もこう言う。
 
「鄭大世選手がキープレイヤーになるというのを分かっていたので、そこをどう潰そうかというのを考えながらプレーできた。決定的なピンチがなかったのは、そこが一番大きかった」
 
 今後も、鄭への厳しいマークは続くだろう。清水としては、前線の柱を潰され、攻撃が機能しなくなるシナリオだけは避けたい。期待の新戦力・野津田岳人もインパクトを残せなかった。致命傷となる前に、新たな対策を練っておく必要がありそうだ。
 
取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)