彼女のことが「好きじゃなくなった」男性心理と対処法

写真拡大

「彼氏が私を好きじゃなくなったような気がする」「彼氏に『好きじゃなくなった』とフラれた」と悩んでいる女性もいるでしょう。彼から愛情が感じられず、彼の気持ちが見えてこない場合には、今後どうすればいいのか不安になりますよね。今回は「彼女のことが好きじゃなくなった」男性心理と対処法、それで別れてしまったときの復縁方法をご紹介します。

<目次>
■男性に聞いた「彼女のことが好きじゃなくなった」理由
・価値観や話が合わない
・彼女の自分勝手な言動が気に入らない
・彼女から愛を感じられない
・ほかに好きな女性ができた
■別れが近い? 彼女に見せる「好きじゃなくなった」サインと対処法
・男性が彼女に見せる「好きじゃなくなった」サイン
・彼氏に「好きじゃなくなった」サインが見えたときの対処法
■「好きじゃなくなった」とフラれた! 専門家に聞いた男性心理と復縁方法
・「好きじゃなくなった」と別れを告げる男性心理
・復縁するために女性がやるべきこと
■まとめ

■男性に聞いた「彼女のことが好きじゃなくなった」理由

男性は、付き合った当初は彼女のことが大好きだったのに、何気ないことがきっかけで好きじゃなくなることもあるようです。一体どのような理由で好きじゃなくなったのか、男性たちにエピソードを聞いてみました(※1)。

<価値観や話が合わない>

・「自分との価値観や生活の常識感があまりにもちがったとき」(男性/39歳/不動産/技術職)

・「自分と話が合わなかったり、波長が合わなかったりしたとき」(男性/35歳/機械・精密機器/技術職)

根本的な価値観がちがったり、会話がかみ合わないのを感じたりすると、「もう好きじゃないのかも」と冷めてしまう男性が多いようです。将来を考えたうえでも、価値観や話が合わないのは致命的ですものね。

<彼女の自分勝手な言動が気に入らない>

・「自分勝手な言動、行動が気になってきたときに」(男性/39歳/機械・精密機器/技術職)

・「自分のことばかり考えている女性は、将来結婚に向かないので好きではなくなります」(男性/33歳/医療・福祉/専門職)

付き合った当初は大人しくても、徐々に彼女の自分勝手な本性が垣間見えてくると、気持ちが冷めてしまうようですね。今後の付き合いをどうするか、考えてしまいそうです。

<彼女から愛を感じられない>

・「愛されている実感が、相手から感じられなくなったとき」(男性/39歳/公務員・団体職員/団体・公益法人・官公庁)

・「冷たくされたり、無視されたりしたとき」(男性/38歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

彼女にそっけない態度をとられるなど、もう自分に興味がないのかもと思うと、男性側も冷めていくようです。逆の立場でも、彼氏に冷たい態度をとられたら悲しいですよね。

<ほかに好きな女性ができた>

・「ほかに好きな子ができたとき。今まで別れたのは全部そうです」(男性/39歳/公務員・団体職員/団体・公益法人・官公庁)

・「ほかに好きな人ができたりして、心が向いていないと感じたとき」(男性/39歳/その他/その他)

彼女以外に好きな女性ができてしまうと、彼女に対しては「好きじゃない」という気持ちになってしまうよう。こうなってしまうと、彼の気持ちを取り戻すのは相当な労力がいりそうです。

男性のみなさんはいろんな理由で、彼女のことが好きじゃなくなったと思うことがあるようですね。そこから別れる羽目にならないよう、彼の気持ちをなるべく早めに察知して、どうにか対処したいもの。交際中、男性が彼女に見せる「好きじゃなくなった」サインと対処法を女性に聞いてみましょう。

■別れが近い? 彼女に見せる「好きじゃなくなった」サインと対処法

交際中に彼女への気持ちが離れると、意識的なのか無意識的なのか、何かしらかのサインを出す男性は多いはず。しかし女性がそのサインを見逃してしまうと、そのまま別れに向かってしまいかねません。どのようなサインを察知したことがあるか、またその対処法としてどのようなことを実践したのか、女性のみなさんに聞いてみました(※2)。

<男性が彼女に見せる「好きじゃなくなった」サイン>

男性は彼女を「好きじゃなくなった」と思ったとき、どのようなサインを出すのでしょうか? そのサインを察したことのある女性たちに聞いてみましょう。

◇一緒にいても楽しくなさそう

・「会っていても笑顔が減ってきたし、会話も少なくなった」(女性/24歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自分といるとき、あからさまに楽しくなさそうになり、携帯等を頻繁にみるようになった」(女性/34歳/医療・福祉/専門職)

一緒にいても彼があまり楽しそうに見えないのは、気持ちが離れつつあるということの表れではないでしょうか。以前なら楽しかったデートでも、彼女を好きじゃなくなることで、楽しくなくなってしまうということはあるのかもしれませんね。

◇メールの返信が遅くなる

・「メールの返信が明らかに遅くなって、ときには返ってこないことがあった」(女性/28歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「メールの返信が遅くなり、そっけないメールになったとき」(女性/28歳/医療・福祉/専門職)

好きという気持ちがなくなってくると、メールの返信も遅くなってくるのではないでしょうか。付き合いはじめたころのように好きな気持ちが強ければ、すぐにでもチェックして返信するところですが、それも面倒くさくなってしまうのかもしれません。

◇会う頻度が減る

・「会う頻度が減った。デートするよりも仕事で時間がとれない」(女性/31歳/医療・福祉/専門職)

・「会う頻度が減った。仕事の忙しさを理由にすることが多くなった」(女性/30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

好きという気持ちがなくなってくると、会いたいという気持ちも徐々になくなるのでしょう。本当に会いたければ、どんなに仕事が忙しくても時間を作ろうとするものですが、それもなくなってきてしまうものなのかもしれませんね。

◇ほかの女性の影をにおわせる

・「元カノと会ったなど、やりとりをしたことをわざわざ報告してくる」(女性/26歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「ほかの女性とやたら仲よさそうに会話している」(女性/26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

彼女への好意がなくなったからこそ、ほかの女性に気持ちが傾いているのかもしれません。もしかするとその女性に乗り換えるつもりなのではないかと、危機感を感じてしまいますね。

彼女のことが好きではなくなってくると、男性はいろいろなサインを出すようですね。このようなサインを早めに察知して対処をすれば、別れを迎えずに済むかもしれません。どのように対処すればいいのでしょうか?

<彼氏に「好きじゃなくなった」サインが見えたときの対処法>

彼氏に「好きじゃなくなった」サインが見えたら、早めの対処が必須でしょう。女性のみなさんはどのように対処して交際を継続させたことがあるか、エピソードを聞いてみました。


◇彼の連絡ペースに合わせる

・「自分からあまり連絡せず、彼氏のペースに合わせた」(女性/31歳/医療・福祉/専門職)

・「こちらもしつこいと思われない程度に頻度を減らして連絡をしていた。無視されるわけでもないし、1カ月くらいは連絡が減ってもたまたまかと思っていた」(女性/32歳/医療・福祉/専門職)

好きではなくなったといっても、嫌いになったわけではなく、単純に彼女への気持ちが落ち着いてきただけかもしれません。彼の連絡ペースに合わせてあげると、心地いい恋人関係が築けるようになるでしょう。

◇彼と話し合う

・「嫌いとかの理由ではなかったから、とにかく何回も話し合った」(女性/34歳/その他/その他)

・「そっけなくなった理由を聞いて、話し合った」(女性/34歳/金融・証券/事務系専門職)

ほかに好きな人ができたり嫌いになったりしたわけでなければ、まだやり直せる可能性はありそうです。何が原因で、どう改善していくのか、しっかりと話し合うことも必要かもしれませんね。気持ちのすれちがいは、話し合いをすることである程度は解消できるのではないでしょうか。

◇自分の言動を見直して改善する

・「いつも以上に相手の気持ちを考えて、自分勝手な行動やワガママを見直した」(女性/34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自分の悪かったところを考え、直すよう努力した。服装やメイクに力を入れた」(女性/31歳/電力・ガス/事務系専門職)

彼の気持ちが離れたのは、自分に原因があるのかもしれないと考えて、言動を見直してみるのも大切でしょう。思い当たる点があったら改善して、それをきちんと彼にアピールできるといいですね。

◇彼と会う機会を増やす

・「こちらから遊ぶ予定などを積極的に提案するようにした」(女性/27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「好きなご飯を作ったり、一緒にいる時間を増やしたりした」(女性/33歳/小売店/販売職・サービス系)

会えない期間が長くなると、それだけ2人の心も離れていくもの。会うとお互いの好きなところを改めて感じるケースもあるので、彼が応じてくれるようなら、2人で会う機会を増やすのもいいでしょう。

彼氏の「好きじゃなくなった」サインを察知したら、このように対処するのがよさそうです。しかしどう対処しても彼の気持ちが完全に離れてしまった場合、別れに至るケースも……。それでも彼のことが諦められない、復縁したいという女性は、次にご紹介する、彼女に「好きじゃなくなった」と別れを告げる男性心理と復縁方法をご覧ください。

■「好きじゃなくなった」とフラれた! 専門家に聞いた男性心理と復縁方法

「君のことが好きじゃなくなった」と別れを告げる男性心理と、別れたあとの復縁方法について、男女の心理にくわしい心理コーディネーターの織田隼人さんに聞いてみましょう。

<「好きじゃなくなった」と別れを告げる男性心理>

彼に「好きじゃなくなった」と言われた場合、彼は付き合う前や付き合った当初はあなたを理想的な女性のように見ていたけれど、付き合ってしばらくしたら「思っていた人とちがった」と感じていることが多いです。特に、尽くすタイプの女性に多いパターンです。

<復縁するために女性がやるべきこと>

復縁自体は可能ですが、そのためにはあなたが変化することが必要となります。大きく分けて「見た目を変えること」と「内面の魅力をアップさせること」が重要です。外見と内面に新しい魅力があれば、「彼が好きじゃなくなったときのあなたにはなかった魅力」が足されているので、半年程度経って再会すると、彼の目にはあなたが「魅力的」に映ります。嫌いになって別れたわけでなければ、復縁しやすいでしょう。

◇復縁方法その1:見た目を変える

見た目を変える理由は「変わったあなたを男性に気づかせる」必要があるからです。好きだけどケンカが絶えなくて別れた、などのケースでは見た目は好きなままだということが多いですが、好きじゃなくなった場合には何かしら外見も変化させておく必要があります。髪型や化粧、ファッションをまず入れ替えてしまいましょう。

◇復縁方法その2:内面の魅力をアップさせる

また、内面も変える必要があります。もう一度好きになってもらうには「前になかった魅力を持つ」必要があるからです。今まで持っていた自分の夢や仕事、勉強などを、精一杯がんばってみてください。がんばることで人間としての深みが出ますし、ひとつのことに気合いを入れてがんばることで、彼から見てもわかりやすい「特徴」があなたに生まれ、それが魅力になります。

織田さんがご紹介したような方法を試せば、復縁の可能性はあるかもしれません。本気で彼と復縁したいと思ったら、ぜひ実践してみてください。

■まとめ

男性が彼女に対して「好きじゃなくなった」と思うのには、それなりの理由があるもの。しかし、好きで付き合った彼女との別れを選択するのは、男性にとってもつらいことでしょう。まずは彼の「好きじゃなくなった」サインを早めに察知して、彼の気持ちを取り戻せるよう、対処してみてくださいね。

(監修:織田隼人、文:ファナティック)

※画像はイメージです

(※1)マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年2月20日
調査人数:341人(22〜39歳の男性)

(※2)マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年2月16日
調査人数:384人(22〜34歳の女性)