MMD研究所は2月27日、「2017年2月格安SIM・格安スマホ通信速度調査」を発表しました。調査対象となったサービスは、楽天モバイル、mineo(Aプラン、Dプラン)、IIJmio、OCNモバイルONE、イオンモバイル、UQ mobile、FREETEL SIM、DMM mobile、BIGLOBE SIM、LINEモバイル、Y!mobileの11サービスです。
 
調査は2017年2月15日〜17日の3日間に、主要3都市である東京、名古.屋、大阪の主要駅(東京駅、名古屋駅、大阪駅)で、各駅1カ所ずつ9時〜10時、12時〜13時、17時〜18時の3つの時間帯において、2アプリを使って各サービスを3回、計測する形で実施されました。

UQ mobileのダウンロード速度が最速という結果に

MMD研究所
 
主要3都市の調査結果についてダウンロード速度を箱ひげ図で見ていくと、中央値がもっとも高かったのはUQ mobileで34.9Mbpsでした。Y!mobileが16.7Mbps、mineo(au)が16.1Mbpsと続いています。
 
また昼12時〜13時の時間帯で見てもUQ mobileが31.0Mbpsと最速、2位はY!mobileの16.0Mbps、その次は数値的にかなり下がって2.8Mbpsでイオンモバイルとなっています。
 
なお従来の計測方法によるダウンロード速度の平均値では、最速は同じくUQ mobileで34.4Mbpsとなりました。次いでmineo(au)が20.9Mbps、Y!mobileが16.6Mbpsとなっています。

YouTube、WebのローディングタイムでもUQ mobileが最短時間

計測アプリ「4Gmark」で計測した「YouTube」のローディングタイムでは、UQ mobileが9.4秒と最も短く、LINEモバイルが10.0秒、Y!mobileが10.2秒と僅差で続いています。
 
WebのローディングタイムでもUQ mobileが4.7秒ともっとも短く、Y!mobileが5.0秒、続くLINEモバイルとイオンモバイルはわずかに0.1秒差の5.1秒となっています。
 
今回の調査では昨年利用した「Ookla Speedtest.net」に加え、WebとYoutubeのLoading Timeが計測できる「4Gmark」を利用、調査端末には「ZenFone 3 Laser」が使われています。
 
調査対象サービスは、MMD研究所が2017年1月17日に発表した「2017年1月格安SIM利用者・検討者シェア調査レポート」の格安SIM音声プラン利用上位10サービスに、Y!mobileを加えて11サービスとしています。
 
なおY!mobileについてはMVNOではないものの、消費者側から見れば同じ低価格な通信サービスであるため、調査対象に加えたとのことです。
 
 
Source:MMD研究所
(lunatic)