「YG Director Project」2回目の結果発表会を開催…楽童ミュージシャンの特別ステージも

写真拡大 (全3枚)

「YG Director Project」が2回目の結果発表会を開催した。

YG ENTERTAINMENT(以下、YG) が設立した非営利財団であるムジュYG財団とソウル市立青少年メディアセンターが共同企画した人材育成プロジェクト「YG Director Project」の2回目の結果発表会が26日、瑞草(ソチョ) 区ヒンムルギョルアートセンターで開催された。

今回の発表会では参加者たちが「The Starlight Awards:星のように輝く私たちを見てください」というテーマで、5ヶ月間プロジェクトを通して学んだ内容で、9曲の自作曲の公演とポスター、記念品のデザイン、アルバムアートなどの形で結果を披露した。

今回の発表会にはプロジェクトに参加した青少年たちの家族と友だち、一般観客たちが400席規模の会場を埋め尽くし、兄妹デュオ楽童ミュージシャンのステージも披露され、参加者たちに応援のメッセージを伝えた。

楽童ミュージシャンは「長い日、長い夜」「200%」など代表的なヒット曲でステージを披露し、参加者に「作詞・作曲家とアートディレクティングなどの夢を持つ人々が培ってきた実力を発表する場に参加できて光栄だ」と感想を明らかにした。また「私たちのような同年代の皆さんが同じような夢を持って努力している姿が格好いいし、実力も優れていた。これからも夢を諦めずに、楽童ミュージシャンも皆さんの夢を応援します」とし、参加者たちを励ました。

2015年から開いている「YG Director Project」はメディアエンターテインメント産業のうち、アートディレクティング、作詞、作曲分野に才能と情熱はあるが、教育の機会がなかった青少年を選抜し、専門教育と活動を全額無料で支援する進路支援プロジェクトだ。

発表会を通じて公開されたアルバムアート、映像創作物、個人作品など33点の結果と自作曲は3月1日までヒンムルギョルアートセンターで無料で鑑賞することができる。