鳥栖に痛手…新加入DF小林祐三が手術へ 全治は約2カ月の見込み

写真拡大

 サガン鳥栖は27日、クラブに所属するDF小林祐三が手術を受けることとなったと発表した。

 クラブによると、小林は右ひざ蓋大腿関節症と診断された模様で、来月4日に手術を受けるという。全治は約2カ月と見込まれている。

 現在31歳の小林は、昨シーズン終了後に横浜F・マリノスと契約満了になり、鳥栖へ加入した。J1で通算300試合に出場してきた同選手は、「ベストアメニティスタジアムでプレーするのが楽しみです」と意気込んでいたが、早くも戦線離脱となった。

 なお、小林は同日にツイッターを更新。「すぐ帰ってきます」とメッセージを発信している。

https://twitter.com/KobayashiYuzo13/status/836148849391460352