「ワンライン」ZE:Aではない、俳優シワンが詐欺師に変身…連続ヒットとなるか(総合)

写真拡大 (全2枚)

もうZE:Aのメンバーではなく、本当の俳優シワンだ。「ワンライン」でスタートを切ったシワン、「弁護人」に続き連続ヒットを達成するかに注目が集まっている。

27日、ソウル江南(カンナム) 区CGV狎鴎亭(アックジョン) にて映画「ワンライン」(監督:ヤン・ギョンモ、制作:Mine Pictures、NEW配給) の制作報告会が行われた中、ヤン・ギョンモ監督、シワン、チン・グ、パク・ビョンウン、イ・ドンフィ、キム・ソニョンが出席した。

「ワンライン」は、平凡だった大学生ミンジェ(シワン) が伝説のベテラン詐欺師チャン課長(チン・グ) に会い、身分全てを偽って銀行のお金をだまし取る、新種の犯罪詐欺団に合流して繰り広げられる、スリル満点で予測不可の犯罪映画だ。

映画でミン代理役を務めたシワンは「ミン氏ではないけど、ミン代理だ。名字も騙したのは詐欺をするための準備過程だ。恵まれていない家庭で育ったミンジェはチャン課長に出会って作業ローンに合流する役だ」と話した。

また映画でシワンは“ふてぶてしい蛇”と紹介された。これに対してシワンは「蛇までではない。僕は本当の蛇はチャン課長だと思う。僕は蛇に付いていくミミズくらいだ」と話した。シワンを詐欺師の世界に率いるチャン課長役のチン・グは「ミミズが大蛇になるか、竜になるか見守ってほしい」と付け加え、笑いを誘った。

善良で真面目なイメージを持っているため、「ミセン」「弁護人」などで善良なキャラクターを演じたシワン。そんな彼が詐欺師を演じるなんて、ギャップが大きすぎる。これに関連してシワンは「優しい役をたくさん演じた。実際の性格に似ているとたくさん言われたけど、優しいふりをしなくても済むから心のプレッシャーを減らすことができたと思う。快感までは分からない。実際の僕以上に優しいふりをしなくてもいいという解放感があった」と話した。

またこの日、シワンは“詐欺のように優れたルックスを持っているキャラクター”1位に選ばれた。シワンはルックスの秘訣に対して「『ワンライン』を撮影する時は皮膚科にたくさん通えなかった。お兄さんたちとよくお酒を飲みに行った。撮影上、重要なところがあればビールより焼酎を飲んだ。肌にハリができるような気がした。主に焼酎を飲んだ」と言い、笑いを誘った。シワンは“詐欺のように優れたルックスを持っているキャラクター”を持っている人としてチン・グを挙げ、「『太陽の末裔』前と後に分かれる」と言い、ブロマンス(男同士の友情) を誇った。

何より「ワンライン」の5人の俳優は“(観客動員数) 1000万俳優”で、興行成績に対する期待が高い。シワンは「弁護人」、チン・グは「バトル・オーシャン/海上決戦」、パク・ビョンウンは「暗殺」、イ・ドンフィは「ベテラン」、キム・ソニョンは「国際市場」に出演した。これに対してヤン・ギョンモ監督は「シナリオを仕上げ、僕が出演してほしがったキャストに全部出演してもらうことができた。リアルな演技ができるように絶えず討論する時間を持った。俳優たちが監督に大きなエネルギーで襲いかかってくれた。監督も俳優も情熱や信念を持っていたから一緒に仕事ができたと思う」と話した。

イケメン詐欺師が登場する犯罪娯楽映画の系譜を継ぐと見られる「ワンライン」は、韓国で3月29日に公開される。