【詳細】他の写真はこちら

若さゆえの暴走デザイン!? いえいえ、新たな可能性への挑戦です。

世界で唯一(!?)の自転車を自分の手で作る技術を学べる東京サイクルデザイン専門学校(TCD)をご存知でしょうか。学生自らが溶接機を握り、自転車を生み出す過程をイチから身につけることができるんです。そんな一風変わった専門学校の卒業制作展ってどんな雰囲気なのだろうと気になり、取材に行ってきました。

単にデザインの美しさを競うのではなく、きちんと乗れる実用性を備えた作品群は、それぞれに“使い方”を提案しているのがポイントです。従来の発想から大きく視点を変えた、新たな可能性が感じられる自転車の数々を紹介しましょう。

会場に足を踏み入れると、いきなりスゴいマシンが! 極太タイヤでしかも3輪!





太いタイヤで雪の中や砂地も走れるファットバイクというジャンルは、近年、世界的に人気が高まっています。この「TRY CRUISER」は、太いタイヤを3輪にしてより走破性を高めるというコンセプトの作品です。



特に目を奪われるのが、上の写真に見られるハンドル部のスイング機構。3輪の場合、曲がる時に車体を内側へ傾ける自転車らしい動きが失われてしまうものですが、この機構があればバンクして曲がれます。まあ、かなり重そうではありますが、この発想自体は個人的に結構好きです。

見慣れたハンドルもサドルもない!?





続いてもインパクトを残す1台。「SPIDER」と名付けられた作品は、ハンドルを回さずに体重移動だけで曲がれる設計。シンプルを極めたような自転車です。体重移動がしやすいように、サドルも取っ払ってしまうという潔さ。



▲前は2輪になっていて、サスペンション機構を搭載。短距離移動向けの折り畳み自転車で、電車に持ち込んでも邪魔にならないというコンセプトに基づいています。

低速でも車体が安定! 決め手は中央ホイール部のジャイロ効果





そして、これが今回のTCD賞と特別賞をダブル受賞した「SLOW KEEPER」という作品。その名の通り、低速でも安定して走れる自転車というコンセプトです。



ポイントとなっているのは、デザイン的にも目立っている車体中央の赤いホイールのようなもの。実はこれ、鉛でできていてかなりの重量があるのだそう。ペダルを回すとこの部品が高速回転する仕掛けになっていて、そのジャイロ効果によって低速でも車体が安定するんだそう。もちろん、その効果のほどは実際に走って体験済みとのことでした。



▲フレームは当然自作なわけですが、細部の仕上げも凝っていて、かなりの完成度。高齢化社会に向けた提案なのだそうですが、高齢者じゃなくてもちょっと欲しくなる仕上がりです。

防犯パトロールにも適したキックボード風自転車





キックボードのような見た目の「Regeln」。既存の自転車にもありそうなデザインですが、こちらは防犯パトロールがしやすいよう、街の人に興味を持ってもらいやすい乗り物というコンセプトなんですって。作品名の「Regeln」は、ドイツ語で「ルール」を意味するそうです。

未完成品!? いいえ、これでいいんです





前半分の制作が間に合わなかったの!? と思ってしまうような外観ですが、これで立派な完成形。ちゃんと自転車として走る機能を備えています。電車へ楽に持ち込めるよう、コンパクトさを重視した提案なんだとか。



▲走行動画が公開されていましたが、乗るには結構慣れが必要っぽい。一輪車に乗ってる感じに近い!?



このあたりで、ちょっと安心して見ていられる1台を。作品名は「1LDK」。一見すると普通のクロスバイクですが、よーく見ると普通じゃないポイントが色々あります。



▲シングルスピードっぽい見た目でありながら、内装変速のハブを採用。しかもコレ、電動変速できるシマノ「アルフィーネ」じゃないですか。さらにじっくり見るとベルトドライブだっ!



▲ライトに電源供給するため、前輪はハブダイナモ仕様になってます。ブレーキは雨の日でも効きが変わらないディスクブレーキ。27.5インチのホイールで、タイヤは太めの42Cを履いているため、外径がロードバイクとちょうど同じになる規格です。



▲フレームはもちろん、ハンドルも自作。ステムと一体型のデザインでスッキリしてますね。



制作者は女性! 自身でもトライアスロンやシクロクロスのレースに参加しているそうですが、「街乗りで自分にちょうどいい自転車がなかったので作ってみた」とのこと。いや、普通に製品化してほしいです。これ。

ね、寝られる自転車……だと!?





お、おう。なんか、また怪しい外見のマシンが……。こちらは「Glide Tourist」と名付けられた、旅用の自転車がコンセプトの作品。長距離を移動するためには、「いかに体力を回復するか」がポイントだと考えて制作したそうです。



そんなわけで、疲れたら休めるよう、ベッドに変形するんだそうです……。「え、雨が降ったらどうすんの?」とかツッコミどころは多々ありますが、一応屋根付きにすることも考えているそうです。



▲リラックスして寝るため、お気に入りの音楽を再生できるようにスピーカーを搭載。いや……その前にもっと必要な装備があるんじゃ……。

ニッチすぎる? ヒルクライムに特化したロードバイク





こちらは一見すると普通のロードバイクですが、なんかサドルの辺りに違和感がありますね。「PASS-R」と題されたこの作品は、坂を登ることに焦点を当てて作られてます。



ヒルクライムではポジションを前のほうに移動するのが有効なのは知られていますが、この自転車はその前乗りポジションが取りやすいようにジオメトリーやサドル、角度可変のステムなどが採用されています。そのサドル、僕は座りたくないですけどね……。

フレームにキャリアが一体化した「運搬系MTB」





スチームパンクっぽい仕上がりの「Steam」。キャリアまでがフレームと一体化されている運搬系MTBです。



これのスゴイところは、ブレーキやシフターのケーブルを通す部分まで金属製で、フレームと一体化されている点。メリットはよくわかりませんが、手間がかかっていることと、視覚的なインパクトは十分に感じられます。

経年変化によって完成形になる自転車?





こちらは「UNFINISHED(未完)」というコンセプト。あえて塗装していないフレームが、年月を経て錆びてくることで完成形になるとか……。”育てていく楽しみ”が味わえる!?

そんなわけで、今回はちょっと変わった……いや、新たな可能性を感じられる自転車ばかりをあえて選びましたが、普通にカッコいいロードバイクなども展示されていました。自転車が趣味の人たちにとっては、自分に合わせてフレームからオーダーすることが1つの究極形のように言われていますけれど、こうして「自分が乗りたいものを自分で作ってしまう」のが本当の究極なのかもしれませんね。学生じゃない僕も、展示作品を見ているうちに「いつかは自転車をゼロから自作してみたい」なんて思っちゃいました。

文・撮影/増谷茂樹