【詳細】他の写真はこちら

ヒットシングル「MAGIC」を含むニューアルバム『WAY OF GLORY』が好評なAAA。そんなAAAの魅力を語るときの常套句のひとつに“個性豊かな7人が絶妙なバランスで混ざり合う”というフレーズがある。


これは7人のメンバーが、それぞれにソロ活動を展開していることに起因するものだと考えられる。普通、グループに属するメンバーのソロ活動というのは、その母体であるグループの活動が軌道に乗ってからスタートさせるもの。


しかしAAAの場合、早い段階から順次、メンバーそれぞれの個人活動を展開していった。だからこそ、ひとりひとりの個性が際立って、まさに“個性豊かな7人が絶妙なバランスで混ざり合う”こととなったのである。


……と、ここまで書いて、ふと気付く。もうすぐ“個性豊かな6人”になってしまう、ということに。ご存知のようにメンバーのひとり、伊藤千晃が3月いっぱいでグループを卒業するからだ。そう、だから『WAY OF GLORY』は“7人体制のAAAによる最後のアルバム”でもあるわけだ。


そういった節目でもあるので、この機会に“個性豊かな7人”のソロ活動について簡単におさらいしておきたいと思う。


 


4月に新譜をリリースする、リーダー・浦田直也



ソロシンガーとしての名義は“urata naoya(AAA)”で、これまでにオリジナルアルバム『TURN OVER』とカバーアルバム『UNCHANGED』をリリース。どちらも圧巻の歌声で酔わせてくれる。


2010年には浜崎あゆみとのコラボレーションシングル「Dream ON」がチャート1位に。そして4月には待望の新作『unlock』が届けられることも決定。「口に出さなかった事、口に出せなかった事、心にしまっていた言葉達をうまく“解放”する事ができました」(オフィシャルサイトより引用)とのことなので期待して待ちたい。


初のソロライブを成功に終わらせた“Nissy”こと西島隆弘



ソロプロジェクトは“Nissy”名義。数々の受注生産限定シングルを経て2016年の春に1stアルバム『HOCUS POCUS』を発表。2016年9月から2017年1月にかけて初のソロライブを敢行。


Nissyワールド全開のスタイリッシュかつチャーミングなステージを見せてくれた。4月19日には8ヵ月ぶりとなる7thシングルが届けられる。映画「愛のむきだし」やドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」など俳優としての充実した活動も見逃せない。


アンジャッシュ・児嶋一哉とデュエットも話題となった宇野実彩子



ソロは女優としての活動が中心。またバラエティにも進出。2016年にはアンジャッシュの児嶋一哉とのデュエットソング「なろうよ」を発表して話題を呼んだ。


フィーチャリングアーティストとしては小室哲哉やSPICY CHOCOLATEの楽曲に参加。ソロシンガーとしてもマイペースに活動している。


ラッパー“SKY-HI”として、高い評価を獲得している日高光啓



本名よりも今や“SKY-HI”というアーティスト名のほうが広く知られているのではないか。それくらい精力的なソロ活動を繰り広げており、すでに3枚のソロアルバムをリリース。


2017年発表の最新作『OLIVE』は作詞作曲能力、コンセプト、ラップのスキル、あらゆる面で高評価を獲得した。3月から5月にかけてホールツアーを敢行中で、そのファイナルは日本武道館2デイズだ。


俳優としても活躍。ソロ楽曲も発表した、與 真司郎





I love Tokyo

外部サイト