ローレン・グレアム

写真拡大

16歳で出産したシングルマザーのローレライと、16歳に成長した娘ローリーを中心に個性あふれる小さな町の日常を描いた『ギルモア・ガールズ』。昨年11月には待望の続編『ギルモア・ガールズ:イヤー・イン・ライフ』がNetflixにて配信されたが、母親ローレライ役のローレン・グレアムが、新ドラマに出演することが決まった。

米Hollywood Reporterら複数のメディアが報じたところによると、ローレンは米FOXによる新作コメディのパイロット版『Linda From HR(原題)』に主演。HR(人事部)に所属するリンダという女性社員の役で、彼女の判断ミスにより、人事部の日常生活がドタバタ劇になる様子を描いたシットコムだ。『マイネーム・イズ・アール』や『GRIMM/グリム』を手掛けるマーク・バックランドが製作総指揮を務める。

また、先日当サイトでもお伝えした通り、ローリー役のアレクシス・ブレデルも、米Huluが4月26日から配信する『侍女の物語』のドラマシリーズ『The Handmaid's Tale(原題)』に出演している。

今季ローレンは多数のコメディ作品へのオファーを受けていたとも報じられており、ファミリードラマだけでなく、コメディも演じられる女優として確固たる地位を築き上げているようだ。(海外ドラマNAVI)