Doctors Me(ドクターズミー)- 太るはもう古い!間食の新常識“ヘルシースナッキング”とは?

写真拡大 (全9枚)

ダイエット中はカロリーを気にしてお菓子や間食は控える、といった方も多いかと思われます。

しかし、今アメリカで話題となっているヘルシースナッキングと呼ばれる習慣は、健康的に間食を取る方法のようですが、どのような方法なのでしょうか。

今回はヘルシースナッキングの概要や方法、間食におすすめのメニューを医師に解説していただきました。

目次


ヘルシースナッキングとは


一般的に間食はダイエットなどによくないとされていますが、健康的かつダイエットにも有効なものとして間食を取ろうとする取り方のことです。

ヘルシースナッキングの効果


栄養素を補う


間食もその内容によっては必要な栄養素を効果的に補う機会となります。

例えば間食にヨーグルトやフルーツを中心にとった場合、ビタミンやミネラルを摂取できますし、腸内環境を整えることにも役立ちます。

血糖値の平準化


昼食から夕食までの時間があき、低血糖の時間帯が続きますが、この間に適度な栄養分を補うことで、血糖値の平準化を図ることができます。

「どか食い」の抑制


間食を入れることによって、太る要因の一つでもある、お腹が空きすぎるとしてしまいがちな「どか食い」を抑制することも期待ができます。

ヘルシースナッキングに向かない間食


脂っぽいもの、ファーストフード、カップラーメンなどを食べていてもあまり意味がありません。

また甘いお菓子類などを沢山摂ってしまっては、1日の摂取カロリーをオーバーしてしまうので、おすすめできません。

ヘルシースナッキングの摂取カロリー目安は200kcal


摂取カロリー200kcal相当のメニュー例は以下になります。

ヨーグルト100gとバナナ1本
納豆巻き1本
クラムチャウダー1人前
餃子4〜5個
鮭おにぎり1個

ヘルシースナッキングで摂取したい栄養素


食物繊維


普段の食生活でも不足しがちであるので、間食を利用して意識的にとるとよいでしょう。

タンパク質


タンパク質も不足しがちな方が多く、健康的に痩せるには必要な栄養素となります。

糖質


糖質を間食で摂取しておくことで、血糖値の大幅な変動を防ぎます。

ヘルシースナッキングにおすすめのお菓子


全粒粉ビスケット


全粒粉とは小麦をまるごと粉にしたもので、通常の白い小麦粉は小麦の状態から胚芽などの部分を除去したものです。

従って全粒粉は小麦粉よりも食物線維、ビタミン、ミネラル、タンパク質などの栄養価が高く、スイーツにしてもおすすめです。

フルーツグラノーラ


玄米、麦などの穀類に加え、ナッツ類やドライフルーツなども入ったシリアルです。

食物線維、ビタミン、ミネラルなどの栄養価が高く、また甘味もしっかりあるので間食としても満足感の得られやすい食品です。

大豆スナック


大豆には良質なたんぱく質と食物繊維、ビタミン、ミネラルなどが含まれており、これをベースとしたスナック菓子もヘルシースナッキングに向いています。

ヘルシースナッキングをする際の注意点


栄養がとれるといっても食べ過ぎは禁物です。食べ過ぎてオーバーカロリーになってしまっては健康面からもダイエットの面からも注意しましょう。

また、間食に頼り過ぎて、普段の食事がおろそかにならないようにしてください。

最後に医師から一言


間食をすると太るイメージがありますが、適量をうまく摂取できれば、 おいしくてよい栄養補給になります。

最近ではヘルシースナッキング用のお菓子なども販売されているようなので、利用してみてもよいですね。

一度、自分の間食を見直してみるのもよいと思います。

(監修:Doctors Me 医師)