青木、優作らが子供たちと触れ合った(提供:JGTO)

写真拡大

11月に沖縄県恩納村にあるPGMゴルフリゾート沖縄にて開催される「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」は社会貢献活動の一環として恩納村の小学校5校にスナッグゴルフ用具を寄贈。26日(日)には青木功JGTO会長と大会のホストプロでもある宮里優作選手会長が恩納村小、中学校を訪問。子供たちと触れ合った。
国内男子ツアーを特選フォトでプレーバック!
「今年は開幕から全開で2勝、3勝と出来るように、地元開催で優勝できるように頑張る」と今季の抱負を地元・沖縄で力強く語った宮里。今季は2試合も沖縄で開催される試合がある。できれば地元で勝ち、未勝利に終ってしまった昨季の鬱憤を晴らしたいところだ。
会場のPGMゴルフリゾートは現在、青木会長の監修により改修中。「バリエーション豊かなアンジュレーションと、沖縄の風と綺麗な海と。11月には今までなかったような、セッティングになると思う」と仕上がりに自信をみせていた青木。自らが手がけたコースで試合が行われるのを心待ちにしていた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

選手会が益城町の小中学校に電子黒板10台を寄贈、レッスン会も開催
宮里優作選手会長「東北、熊本でもトーナメントが出来るように」
リトルコーノ、3人の賞金女王を育てた清元登子らが殿堂入り
ゴルフにもキク?限定お守りをゲットせよ 三峯神社へのおすすめルートを考えた
最新のギア&イベント情報をまとめてチェック!