2017年2月27日、中国メディア・騰訊(テンセント)は、冬季アジア札幌大会は日本らしい萌(も)える大会だったとする記事を掲載した。

26日に閉幕した冬季アジア札幌大会について、記事はアニメ大国である日本らしさが全面に出た萌える大会だったと伝えた。例えば、地元の小学生たちは、手書きの応援旗を振って試合を観戦した。そのうちの1人の小学生は、日中友好を表した両国の国旗と「みなさん頑張って下さい。ぜったいに勝てる!」との応援メッセージが書かれていた。字はあまり上手ではなく、国旗も厳密には正確ではないものの、子どもの真摯(しんし)な気持ちが表現されていると写真入りで紹介した。

また、今大会では雪ミクがPRアンバサダーとなっており、関連グッズも多く販売され、大人気だったという。バッジやノート、マウスパッド、カバン、しおりなど、数多くの関連グッズが準備されたが、大会期間の半ばごろにはほとんど売り切れてしまったと伝えた。

さらに、札幌アジア冬季競技大会組織委員会が準備したものの中で最も萌えるのは、さまざまな競技の形をしたマスコット形のビスケットで、値段も20枚入りで756円と安く、「こんなにも萌えるマスコットを食べられるだろうか」と伝えた。(翻訳・編集/山中)