イ・ソウォン「カノジョは嘘を愛しすぎてる」スチールカット公開…カリスマ性溢れる“ベーシスト”に変身

写真拡大

「カノジョは嘘を愛しすぎてる」のイ・ソウォンがカリスマ性溢れるベーシストに変身した。

tvN新月火ドラマ「カノジョは嘘を愛しすぎてる」(脚本:キム・ギョンミン、演出:キム・ジンミン) は、正体を隠している天才作曲家カン・ハンギョル(イ・ヒョヌ) と、彼に一目惚れしたビタミンボイスの女子高校生ユン・ソリム(Red Velvetのジョイ) の純愛ロマンスだ。「結婚契約」「甘い人生」「犬とオオカミの時間」などの演出を手掛けたキム・ジンミン監督の2017年新作として期待を集めている。

イ・ソウォンは劇中、カン・ハンギョル(イ・ヒョヌ) の代わりにバンドのCRUDE PLAYのリアルベーシストとして合流したソ・チャニョン役を演じ、カン・ハンギョルとライバル関係になり劇に緊張感を与える予定だ。

公開されたスチールでイ・ソウォンは、ステージ上でカリスマ性をアピールしており、目をひく。舞台衣装を着てベース演奏に没頭し、情熱的な演奏を披露しているのだ。強烈な眼差しが見る人たちの心を捉える。

イ・ソウォンは劇中、トップバンドCRUDE PLAYのベーシストらしく、情熱的な演奏と強烈な眼差しで完璧なステージを披露し、女心をくすぐる。演奏する姿そのものが、まるで一本のグラビアのような雰囲気を演出している。このようにステージで爆発的なエネルギーを放っているイ・ソウォンの姿が「カノジョは嘘を愛しすぎてる」に対する期待をさらに高めている。

制作陣は「イ・ソウォンは新人らしくない決断力のある俳優だ。大きなステージに上がり、楽器演奏までしなければならない撮影だったが、情熱的に自身の役割を演じた。強烈な眼差し、華やかな手の演技などソ・チャニョン役を完璧に見せるステージについて勉強してくるなど、頑張っている。準備された新人俳優イ・ソウォンの活躍を期待してほしい」と伝えた。

「カノジョは嘘を愛しすぎてる」は同名の日本漫画をリメイクした作品だ。韓国で3月20日に初放送される予定だ。