新たなプランと家庭用蓄電池販売計画を発表するLooopの中村社長

写真拡大

新電力会社、Looop(ループ、東京都文京区、中村創一郎社長)は2017年2月27日、住宅用発電システムを連携させた新たなプランと、オリジナルブランドによる低価格の家庭用蓄電池販売計画を発表した。新プランの申し込みと蓄電池の予約を4月11日から受け付ける。

家庭用蓄電池オリジナルブランド販売も

新しいプランは「Looop でんき+/余剰売電セット割」。住宅用太陽光発電システムを導入している家庭向けで、同システムによる発電電力の卸先をLooopに指定すると、使用電気の従量料金を、「おうちプラン」などより1円下回る価格にする。

「おうちプラン」の従量料金は地域によって異なり、キロワット当たり23円〜29円(税込)。

また、Looopのソーラーパネル、Looop Homeを購入し、電力卸先をLooopに指定している家庭についても新メニューとして「Looop でんき+Looop Home割」を加え、新プランからさらに1円下げたサービスを実施する。

Looopは、同社が重視している再生可能エネルギーの普及促進のため、家庭用蓄電池の推進にも力をいれており、このほど、家庭用蓄電池のオリジナルブランド「Looopでんち」を開発。人工知能との通信により、各家庭ごとに最適な充放電を自動で制御することで、コストメリットを最大化することができる。

蓄電池と関連機器すべてが日本製で、現状の市販の中心価格帯150万円〜200万円を大きく下回る89万8000円。4月11日から販売を始める予定。

Looopは、東日本大震災(11年)の被災地で始めた太陽光発電関連のボランティアサービスをきっかけに設立。電気小売り事業者に転じ、一般家庭向け電力自由化で市場に参入した。