26日、女性歌手シンディー・ワンと俳優ヤオ・ユエンハオのカップルが、4年間の交際にピリオドを打ったことが明らかになった。写真はシンディー・ワン。

写真拡大

2017年2月26日、女性歌手シンディー・ワン(王心凌)と俳優ヤオ・ユエンハオ(姚元浩)のカップルが、4年間の交際にピリオドを打ったことが明らかになった。聯合報が伝えた。

【その他の写真】

「スイート教祖」と呼ばれる人気歌手のシンディー・ワンに、ヤオ・ユエンハオとの交際のうわさが浮上したのは2012年のこと。当時のヤオ・ユエンハオは、人気モデルのソニア・スイ(隋棠)とすでに8年に及ぶ交際関係にあり、結婚間近と思われていた。それだけにシンディー・ワンの“横入り”が話題となり、「愛人」「略奪」とバッシングを浴びることに。ソニア・スイが心痛を告白した「彫刻刀で心を削られるよう」という言葉も、人々に注目された。

世間から総スカンを食らった形でスタートした2人の交際が、このほど破綻していたことが明らかになった。シンディー・ワンのマネジャーは26日、「2人は友人に戻った」とコメントし、破局を認めている。

今月のバレンタインデーには、2人が北海道でスキーを楽しむ様子が報じられたばかり。それだけに、思いがけない破局報道がネットユーザーを驚かせている。(翻訳・編集/Mathilda)