【海外試乗】電動化してもポルシェはポルシェ! パナメーラ 4 Eハイブリッド

写真拡大 (全29枚)

飽くなき追求を続けるポルシェの意思が体現されたモデル

アシッドグリーン(ライム色)に塗られたブレーキキャリパーがアイコンとなるPHEV、パナメーラ 4 Eハイブリッドに南アフリカの最南端の都市、ケープタウンで乗った。

15世紀ごろから欧州の人たちはこの喜望峰を経由してインドを目指した。スエズ運河が開通する以前は南極大陸から吹き付ける風が多くの船を難破させ、大西洋からインド洋までの船旅はそう簡単なものではなかった。

しかしアフリカ大陸を越え、この試練を乗り越えると、インド洋の貿易風に押されて、インドまでたどり着く。当時の人々は「この海の向こうにはきっと新天地があるはずだ」と信じて旅を続けたのだろう。4Eハイブリッドのステアリングを握りながら、ふとそんなことを思ったのは、ポルシェの大きなチャレンジを感じているからだ。

世界を代表するスポーツカーメーカーでありながプラグ-イン・ハイブリッドを熱心に開発し、さらにピュアEVのミッションEも続く。

どのメーカーにも増して積極的なクルマの電化や、2020年頃とされるミッションEの登場は、現状のブランドイメージや立場に満足することのない、自動車の新天地を目指したポルシェの飽くなき挑戦なのだ。

フロントフェイスとリヤビューに911のイメージが重なってしまう新型パナメーラは、個人的には現代版928、つまりポルシェ流の4ドアクーペのようにも思えた。まずはこの2代目パナメーラで追加されたロングホイールベースのパナメーラ4Eハイブリッドエグゼクティブを味見する。

EV走行モードの進化で野生動物とのランデブーも楽しめる

リヤのドアを開け後席に収まると、そのスペースはたしかに広くなったが、ショーファー用として使うにはギリギリのサイズだ。

ホイールベースが2950mmから3100mmに延長されたとはいえ、クーペスタイルの天井は低いので、リヤシートの居住性をウリにするプレミアムサルーンのライバルに比べれば窮屈感は否めない。やはりポルシェは、ステアリングを握ってナンボのクルマだと思う。

運転席に座ると、アナログのレブカウンターの横に、モーター出力や電池残量がひと目でわかるパワーメーターが装備され、このクルマがPHEVであることを知らせる。

エンジンはV型6気筒ツインターボで、330馬力を絞り出し、これに136馬力のモーターが加わる。そのシステム最高出力は462馬力、最大トルクは700N・mを発揮。PHEV史上最高のパフォーマンスはもちろんだが、それ以上に50kmに伸びたEV走行レンジ(走行距離)と、EV走行時の最高速度が140km/hというポイントが魅力だ。

お馴染みのステアリングホイール4時位置にあるモードスイッチでは、「スポーツプラス」モードのほかに、このパナメーラ4Eハイブリッドにだけ用意された4つのEV関連モードが選べる。スタート時は自動的にEパワーモードが選ばれる。これはその名のとおり電気のみで走行するモードで、発進はすべてモーターを使い静かでスムース。


喜望峰の周囲は動物の自然保護区にあたり、時折サルやダチョウが道路を横断する。EV走行の距離と最高速度が伸びたことで、エンジンを使うことなくエミッションフリーで、静かに動物と喜望峰をランデブー走行できた。

そのほか、効率とパワーをミックスしたモーターとエンジン駆動を自動的に組み合わせたハイブリッドオートモード、バッテリーの充電状態維持を優先たEホールドモード、エンジンによってバッテリーを積極的に充電するEチャージモードと、4Eハイブリッドでは色々な走り方を任意に選べて楽しい。

PHEVのパナメーラ4E-ハイブリッドは、実用性とパフォーマンス、そして多様性を備えた注目のラグジュアリースポーツサルーンだ。昨年のパリ・サロンで示されたように、電動化へと走る欧州プレミアムブランドのなかにあっても、ポルシェの存在感は大きいのだ。

【パナメーラ 4 Eハイブリッド画像ギャラリー】