「ボイス」イ・ハナ&チャン・ヒョク、殺人鬼の罠に掛かるか!?

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
イ・ハナとチャン・ヒョクがそれぞれ罠に掛かる様子が描かれた。

26日に韓国で放送されたOCN「ボイス」では、モ・テグ(キム・ジェウク) とナム・サンテ(キム・レハ) がそれぞれカン・グォンジュ(イ・ハナ) とム・ジニョク(チャン・ヒョク) に罠を仕掛ける姿が描かれ、視線を集めた。

この日、モ・テグはナム・サンテにジニョクの殺害を提案した。ジニョクを怖がるナム・サンテを脅かし、彼を誘導して殺害するための陰謀を企んだ。

そんな中ジニョクは、グォンジュが密かにジニョクの死んだ妻を調べていたことを知った。ジニョクはグォンジュを呼び出し、その理由を聞いた。グォンジュは福祉士だった彼女が死ぬ前に、コン・チョルファンというホームレスを一生懸命探し回っていたことを知らせた。

続いてグォンジュはジニョクに、ジニョクの妻が羊の仮面をかぶったオオカミであり、GP開発の隠れたブローカーだったと書かれた自分宛のメッセージを見せた。そして彼女の死にある秘密が隠れているような気がすると話した。

その時、ナム・サンテがジニョクに電話し、妻を殺した真犯人を教えてあげると言いながら彼を誘引した。自身を放してくれる代わりに、殺人鬼のすべての悪行が証明できる証拠をあげると持ちかけると、ジニョクは揺れた。

同じ時間、モ・テグもグォンジュに連絡して会う意思を伝えた。グォンジュとジニョクはお互いを見つめながら意味深な眼差しを交換した。2人がモ・テグとナム・サンテの罠を抜けて、さらに真実に近づくことができるかに注目が集まっている。