チョンウ、映画「再審」観客400万人突破の公約を明かす…“「動物農場」に出演したい”

写真拡大

「再審」の主演俳優であるチョンウが観客400万人突破の公約を明かした。

26日午後、NAVERのライブ映像配信アプリ「V」を通じて生放送された「映画『再審』出演俳優大集合!」でチョンウは、「これまで舞台挨拶をとてもたくさんしたし、公約もたくさん出したのでよく覚えてない」と笑った。

それと共に「再審」の人気の秘訣として「監督の演出力、優れたシナリオ、苦労したスタッフ」を挙げ、映画館を訪れた観客に感謝の挨拶を伝えた。

動物が好きだというチョンウは「もし観客400万人を突破すれば『TV動物農場』に出演する。もちろん制作陣の皆様の了承があってこそできる。(400万人突破、あるいは『TV動物農場』の制作陣の了承が) ないかもしれないが、意味のあることがしたい」と希望を明かした。

「再審」は2000年8月、益山(イクサン) ヤクチョン五叉路で発生したタクシー運転手殺人事件を映画化した作品で、25日までに累積観客数171万4985人を記録した。