<空港線>運転時間延長、桃園市長が利用呼びかけ/台湾

写真拡大

(桃園 27日 中央社)今月2日にプレ開業した桃園メトロ(MRT)空港線の運行時間が27日、当初の午前8時〜午後4時から午前7時〜午後9時に延長された。鄭文燦・桃園市長は26日、桃園空港第2ターミナル駅を視察し、「空港線で空港を訪れる人が次第に多くなっている」と感想を語った。

同線では正式開業の3月2日まで無料での乗車が可能。26日までに96万人以上が利用した。運行時間の延長は、台湾が4連休中で空港利用が増えていること、沿線の通勤客の利用促進を図ることなどを理由としている。

ただ、25日には桃園市内の駅で大規模な雨漏りが発生。鄭市長はプレ開業の目的について「問題点を探し出して改善することだ」と語気を強め、正式開業までの改善を改めて約束した。

(卞金峰/編集:齊藤啓介)