主演女優賞は、エマ・ストーン。ディカプリオからオスカー像を手渡される

写真拡大 (全3枚)

2月27日(日本時間)、第89回アカデミー賞受賞式が開催されました。

注目されていたのは、『タイタニック』とタイ記録になる14部門のノミネートされていた『ラ・ラ・ランド』。

『ラ・ラ・ランド』本年度アカデミー賞最多受賞記録

結果は...

主演女優賞:エマ・ストーン
監督賞:デイミアン・チャゼル
主題歌賞:『City of Stars』
作曲賞:ジャスティン・ハーウィッツ
撮影賞:リヌス・サンドグレン
美術賞

の6部門の受賞。これは本年度のアカデミー賞最多の受賞記録となりました。

オスカー像は、ディカプリオからエマ・ストーンへ

主演女優賞に輝いたエマ・ストーンにオスカー像を手渡したのは、昨年のアカデミー賞で主演男優賞を受賞したレオナルド・ディカプリオ。

デイミアン・チャゼル監督は史上最年少受賞

20170227_lalaland_03.jpgまた、デイミアン・チャゼル監督(32)の監督賞受賞は、1931年『スキピイ』でノーマン・タウログ監督が受賞してから85年間破られていなかった記録を破り史上最年少受賞となりました。

そして、作品賞の発表の瞬間に起こったハプニング。一瞬『ラ・ラ・ランド』が受賞したと会場は勘違い。でも、「これはジョークではないよ。作品賞は『ムーンライト』」です」と、発表されました。その瞬間がこちら。

『ラ・ラ・ランド』→『ムーンライト』になった瞬間 #アカデミー賞 #Oscars pic.twitter.com/X49GlULHsq

-- シネマトゥデイ スタッフ (@cinematoday_stf) 2017年2月27日

アカデミー賞発表から話題になっていた『ラ・ラ・ランド』。

ミュージカル映画なので、出演者たちは歌とともにダンスも披露しています。そのダンスにぴったりとついていくカメラワークはなめらかで、見ていて気持ちいいくらい!

また、この映画のために猛練習をしたというライアン・ゴスリングのピアノも必見(必聴?)です。

写真/gettyimages

こちらも読まれています

・あきらめた夢を思い出させてくれた。断然、映画館で観たい『ラ・ラ・ランド』

・『プラダを着た悪魔』から10年。働く女子のNEXTバイブル#sponsored

・「制限」から解き放たれた女子がしたいこと #sponsored