作品賞に輝いたヒューマンドラマ『ムーンライト』 (C)2016 A24 Distribution, LLC

写真拡大 (全2枚)

第89回アカデミー賞授賞式が、現地時間26日に開催された。

『ムーンライト』(2017年日本公開)が作品賞、助演男優賞、脚色賞の3部門を受賞。最多14候補に挙がっていた『ラ・ラ・ランド』(現在公開中)は主演女優賞、監督賞を含む6部門を受賞した。さらに『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2017年5月日本公開)のケイシー・アフレックが主演男優賞を、『Fences』(日本公開未定)のヴィオラ・デイヴィスが助演女優賞に輝いている。

また、マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットが監督のスタジオジブリのアニメ映画『レッドタートル ある島の物語』(16)が長編アニメ映画賞にノミネートされていたが、『ズートピア』(16)が受賞。さらに、外国語映画賞はイランの映画『The Salesman』(原題)が受賞したが、トランプ大統領が先月、イスラム教徒の多い7カ国からの入国を一時的に禁止する大統領令に署名したことを受けて、アスガル・ファルハーディー監督と女優タラネ・アリシュスティは授賞式への欠席を発表していた。

司会を務めたのはトーク番組の人気司会者ジミー・キンメルで、トランプ大統領が就任したことで、政治的なジョークが多かった。また、作品賞の発表で、封筒が間違っていたために『ラ・ラ・ランド』と発表されるハプニングがあり、ステージが混乱する事態となった。

第89回アカデミー賞の主な受賞結果は以下の通り。

●作品賞
『メッセージ』
『Fences』
『ハクソー・リッジ』
『最後の追跡』
『Hidden Figures』
『ラ・ラ・ランド』
『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
『ムーンライト』【★受賞】

●主演男優賞
ケイシー・アフレック『マンチェスター・バイ・ザ・シー』【★受賞】
アンドリュー・ガーフィールド『ハクソー・リッジ』
ライアン・ゴズリング『ラ・ラ・ランド』
ヴィゴ・モーテンセン 『はじまりへの旅』
デンゼル・ワシントン『Fences』

●主演女優賞
イザベル・ユペール『Elle』
ルース・ネッガ『ラビング 愛という名前のふたり』
ナタリー・ポートマン『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』【★受賞】
メリル・ストリープ『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

●助演男優賞
マハーシャラ・アリ 『ムーンライト』【★受賞】
ジェフ・ブリッジス 『最後の追跡』
ルーカス・ヘッジズ 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
デーヴ・パテール 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
マイケル・シャノン 『ノクターナル・アニマルズ』

●助演女優賞
ヴィオラ・デイヴィス 『Fences』【★受賞】
ナオミ・ハリス 『ムーンライト』
ニコール・キッドマン 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
オクタヴィア・スペンサー 『Hidden Figures』
ミシェル・ウィリアムズ 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

●監督賞
ドゥニ・ヴィルヌーヴ 『メッセージ』
メル・ギブソン『ハクソー・リッジ』
デミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』【★受賞】
ケネス・ロナーガン『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
バリー・ジェンキンス『ムーンライト』