女子が経験から語る! 男子をオトすテクニック6選

写真拡大

男性の気を引きたいときには、待っているだけでは駄目。消極的な男性も多いと言われていますから、女性の方から積極的に動くことも大切ですよね。みなさんは、「これをすれば(言えば)、男性はオチる!」という持論や経験則を持っていますか? 今回は女性のみなさんに恋愛のテクニックについて語っていただきました。

■趣味トーク

・「ゲームの話を一緒にする。たいてい、かなりウケがいいので」(31歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「少しでも自分のことを印象づけるため、男性の好みや趣味は把握しておき、会話を盛り上げる」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

人間は自分と共通点が多い相手に惹かれやすいと言われています。ここで活躍してくれるのが「趣味」にまつわる情報です。できれば事前に彼の趣味をリサーチして。自分自身も勉強することで、ディープな会話で盛り上がれそうですね。

■ボディタッチ

・「やっぱりボディタッチはかなり高確率で効果あります」(29歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「ハンドマッサージをする。疲れていると言ったときにしてあげるとみんなオチるから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

定番ですが、女性からのボディタッチに弱い男性も多いと言えそう。ボディタッチを実践する際には、「どこ」に「どんな風」に触れるのかがポイント。攻めすぎると逆効果になることもありますから、注意してください。

■褒めまくる!

・「『すごい』という言葉は、たいていの人をいい気分にさせる」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

・「とにかくたくさん誉めること」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

少しくらいわざとらしくてもOK!? 異性から褒められて気を悪くする男性は少ないはずです。表面的に「すご〜い」というだけではなく、「○○くんのこういうところ、本当にすごいよね」なんて、心を込めて伝えてみて。きっと相手をドキッとさせられますよ。

■手料理

・「言葉と言うより、ご飯を簡単においしく作ってあげると喜びます」(29歳/金融・証券/専門職)

女性が作る手料理に対して、「家庭的な雰囲気」を感じる男性も多いですよね。恋愛だけでなく、いっきに「将来」まで妄想させられるのかもしれません。コツはあくまでも「さりげなく」です。重い雰囲気にならないよう、タイミングは慎重に見極めましょう。

■あなたがト・ク・ベ・ツ

・「○○さんだから、聞きたいんだけど。など特別感を出す」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「話しててこんなに楽しいことあんまりないと言う」(26歳/医療・福祉/専門職)

気になる男性が、「特別な存在」であることをアピールする女性も多いようです。「他の誰にも相談できなくて……」なんて、相談事を持ち掛けてみるのもオススメ。「俺がいなきゃ!」なんて、保護欲を刺激できるのかもしれませんね。

■愛の告白

・「小細工せずに好きな気持ちを伝える。下手な恋愛テクニックより効く」(36歳/その他/クリエイティブ職)

・「好きになったではなく、好きになったかもと言う」(30歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

小手先だけのテクニックを使うよりも、心を込めて自分の気持ちを伝えるコト! ある意味で究極の戦法を挙げる女性もチラホラいました。「それができれば、苦労はしない!」と思う方も多いかもしれませんが、分かりやすくストレートな表現が男性の心を動かすのでしょう。勇気を出してみてはいかがでしょうか。

■まとめ

男性を本気でオトしたい! と思ったときには、ぜひみんなの意見も参考にしてみて。少しくらいわざとらしくても、きっと大丈夫!? 素直な気持ちを届けてくれるはずです。恋を動かすための努力、自分自身の手でスタートできるといいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年2月にWebアンケート。有効回答数112件(22歳〜36歳の働く女性)