50歳の誕生日を迎え、試合後にはピンクのスーツで登場したカズ

写真拡大

 26日に50歳の誕生日を迎えたJ2横浜FCのFW三浦知良について、イタリア紙『ラ・スタンパ』が特集記事を掲載した。

 「カズヨシ・ミウラはどんな人物?」とのタイトルで、現在も現役でプレーを続ける三浦が50歳の誕生日を迎えたことを伝えている。今年、同年齢となるユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督や、リバプールのユルゲン・クロップ監督、元イタリア代表のロベルト・バッジョ氏、元イングランド代表のポール・ガスコイン氏らを例に挙げ、三浦の奇跡について驚きをもって報じている。

 なお最高記録としては、イングランド2部のバートン・アルビオンで51歳までプレーを続けたGKケビン・プールの記録が残るが、三浦があくまでフォワードの選手であることを強調している。

 1994-95シーズンにジェノアでプレーした三浦が、セリエA史上初の日本人選手であったことにも触れている。三浦は「セリエAと日本サッカーの架け橋となった先駆者」であり、のちに名波浩、中田英寿、中村俊輔、柳沢敦、大黒将志、森本貴幸、小笠原満男、長友佑都、本田圭佑ら多くの日本人トップ選手が後に続いた。

 さらに17歳から23歳までブラジルにサッカー留学をしたエピソードを挙げて、三浦が「典型的な日本人とは違う」ことを紹介した。ブラジルでドゥンガとともにプレーし、ジーコら名だたる選手のプレーを間近で観察した経験は、のちに日本サッカー発展の起爆剤となった。

 また日本では、三浦が「スター以上の存在」であり、「マンガの登場人物」のような存在であることも伝えている。タレントの三浦(旧姓:設楽)りさ子と結婚したことで、2005年にタレントのイラリー・ブラージと結婚したイタリアのレジェンド、FWフランチェスコ・トッティとも比較されている。

 最後に昨年6月、三浦がプロとして日本で最高齢となる得点を挙げたことや、9月には天皇杯に参加した最高齢の選手となったことを紹介し、業績を称えた。