写真提供:マイナビニュース

写真拡大

STOCK POINT(ストックポイント)は7月、株価に連動したポイント管理サービスを提供開始する。株価連動型ポイントの特許および関連業務についての特許は2016年11月に取得済み。

利用者は、同社が発行する、株価に連動して価値が変化するポイントであるストックポイント(SP)を貯めると、SPスポンサー企業の株式と交換することができる。SPはスポンサー企業の販売促進、マーケティング活動を通じて配布される。

SPの発行及び管理は、ブロックチェーンなどFintech(フィンテック)技術をベースにしたシステムで行われる。「一般生活者が自己資金なしで、通常の消費をしているといつの間にか株主になるという、株式による資産形成を身近なものとすることを実現してまいります」と同社。大日本印刷との連携をはじめ、他の企業とも協業を図り事業の拡大を目指すとのこと。