今はゴメン! 彼のスキンシップを拒否したくなる時・5選

写真拡大

彼の方からスキンシップを仕掛けてきてくれると、「愛」を実感できる! という女子も多いはずです。しかし、スキンシップのタイミングを間違えると、かえってイライラが募ることも。二人の仲が、かえって険悪になってしまうのかも……!? 今回は女性のみなさんに、彼のスキンシップを拒否したくなる瞬間について詳しく教えてもらいました。

■生理前後

・「生理前など、自分の体調がよくないとき」(27歳/自動車関連/営業職)

・「自分の機嫌が悪いとき、生理中。ベタベタしたくないから」(33歳/建設・土木/事務系専門職)

生理の前後は、精神的にも不安定になりやすいもの。感情のコントロールが難しい時期にベタベタされても受け入れるのは難しいはずです。個人差もある問題ですから、「自分の彼女はどうなのか」を見極めて様子を見ていただけると非常にありがたいですね。

■眠いとき

・「眠いとき。静かに寝かせてほしいと思う」(36歳/その他/クリエイティブ職)

・「眠いとき。寝たいので」(26歳/医療・福祉/専門職)

一日を終えて、眠りにつこうとしたその瞬間! 彼にとっては「さぁ、ここから!」といった気持ちなのかもしれませんね。とはいえ、彼女との間に温度差があるケースも珍しくないようです。彼女の反応が鈍いときには、どうか優しく「おやすみ」と言ってあげてください。

■彼にイライラしているとき

・「彼氏に不満があるとき。怒っていることを伝えたいため、拒否してしまう」(30歳/その他/営業職)

・「彼氏の自分勝手やワガママに幻滅しているとき、ベタベタしてこられても、その気になれない」(36歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

イライラの原因が明確に「彼」にある場合、さっと気持ちを切り替えて、スキンシップに応じるのは難しいかも。接近を許してしまえば、そのままなぁなぁになる可能性も……。

■忙しいとき

・「忙しいときは、時間の方が惜しいので」(35歳/医療・福祉/専門職)

・「締切などが迫っていて、今しなければならないときにされるスキンシップは集中できない」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

多忙なときに、彼が甘えてきたら……、どうしようもなくイライラする彼女の様子が目に浮かびます。余裕がない時に、思いっきり二人の時間を楽しむというのはなかなかできないことですよね。

■一人になりたいとき

・「すごく疲れていて、一人でいたいとき」(32歳/自動車関連/技術職)

・「落ち込んでいるとき。嫌なことがあったときは触られたくない」(35歳/学校・教育関連/事務系専門職)

人間ですから、時にはこんなこともありますよね。彼にもきっと、こんな瞬間があるはずです。カップルがお互いに気遣って、「一人の時間」も大切にできれば、長く一緒にいられそうです。

■まとめ

彼がスキンシップをしてきても、優しく受け入れられないこともあるでしょう。男性側に気遣いを求めたい気持ちもわかりますが、「ぶっちゃけわからない!」と思う方も多いはずです。なぜ「今はダメ」なのか、わかりやすく説明する必要もあるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年2月にWebアンケート。有効回答数112件(22歳〜36歳の働く女性)