『ムーンライト』

写真拡大

現地時間2月26日(日本時間27日)、ロサンゼルスにて開催された第89回アカデミー賞授賞式。人種や宗教の違いによる差別や迫害に反対するスピーチが相次ぎ、司会ジミー・キンメルによるマット・デイモンをはじめとしたスターいじりも式を盛り上げる中、シャーリー・マクレーンやフェイ・ダナウェイ、ウォーレン・ベイティといった往年のスターを含む豪華プレゼンターが登場して受賞結果が発表されていった。

歌曲賞候補のパフォーマンスとして、ジャスティン・ティンバーレイク、スティング、ジョン・レジェンドら人気アーティストも会場のスターを魅了した。

そんな中で作品賞に輝いたのは、過酷な状況に置かれた黒人少年の成長を描いた『ムーンライト』。受賞を発表する封筒が間違って作品賞のプレゼンターに渡されたことで、一時はミュージカル作品の『ラ・ラ・ランド』が同賞を受賞したかと思われたが、史上最多タイのノミネートだった同作は監督賞など最多6冠に。主演男優賞には『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のケイシー・アフレック、主演女優賞には『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーンが輝いた。

各主要部門の受賞作品は以下の通り。(★印が受賞作品)

■作品賞
・『メッセージ』
・『フェンス』
・『ハクソー・リッジ』
・『最後の追跡』
・『Hidden Figures(原題)』
・『ラ・ラ・ランド』
・『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
・『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
★『ムーンライト』

■監督賞
・ドゥニ・ヴィルヌーヴ『メッセージ』
・メル・ギブソン『ハクソー・リッジ』
★デイミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』
・ケネス・ロナーガン『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
・バリー・ジェンキンズ『ムーンライト』

■主演男優賞
★ケイシー・アフレック『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
・アンドリュー・ガーフィールド『ハクソー・リッジ』
・ライアン・ゴズリング『ラ・ラ・ランド』
・ヴィゴ・モーテンセン『はじまりへの旅』
・デンゼル・ワシントン『フェンス』

■主演女優賞
・イザベル・ユペール『Elle(原題)』
・ルース・ネッガ『ラビング 愛という名前のふたり』
・ナタリー・ポートマン『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
★エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』
・メリル・ストリープ『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』

■助演男優賞
★マハーシャラ・アリ『ムーンライト』
・ジェフ・ブリッジス『最後の追跡』
・ルーカス・ヘッジズ『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
・デヴ・パテル『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
・マイケル・シャノン『Nocturnal Animals(原題)』

■助演女優賞
★ヴィオラ・デイヴィス『フェンス』
・ナオミ・ハリス『ムーンライト』
・ニコール・キッドマン『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』
・オクタヴィア・スペンサー『Hidden Figures(原題)』
・ミシェル・ウィリアムズ『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

受賞結果一覧は当サイトの編集部トピックス&動画/突撃レポートで掲載しているので、そちらもぜひご覧を。

ケイシー・アフレックへの兄ベンからの祝福も感動的だった第89回アカデミー賞授賞式は、WOWOWプライムにて本日29日(月)21:00より字幕版を放送。(海外ドラマNAVI)