18位にジャンプアップしたダレン・フィチャート、全英OPへの切符も獲得した(撮影:GettyImages)

写真拡大

<レース・トゥ・ドバイランキング>
欧州ツアー「ヨハネスブルグオープン」を終え、最新のレース・トゥ・ドバイランキングが発表された。
今週はメキシコで世界選手権開催!米国男子ツアーをフォトギャラリーでチェック
今大会で4年ぶりとなるツアー通算5勝目を挙げ、7月の「全英オープン」の出場権を掴み取ったダレン・フィチャート(南アフリカ)が18位に浮上。4位タイの好成績を残したブランドン・ストーン(南アフリカ)は、パブロ・ララサバル(スペイン)との入れ替わりでトップ10入りを果たしている。
また、2位タイでフィニッシュし、フィチャートと共に「全英オープン」の出場権を得たポール・ウォーリン(イングランド)が22位に、スチュアート・マンレイ(ウェールズ)が42位に浮上している。
【レース・トゥ・ドバイランキング】
1位:トミー・フリートウッド(566,717pt)
2位:ファブリツィオ・ザノッティ(461,689pt)
3位:ワン・ジョンフン(436,151pt)
4位:デビッド・リプスキー(429,136pt)
5位:セルヒオ・ガルシア(410,224pt)
6位:サム・ブラゼル(386,683pt)
7位:ラファエル・カブレラ・ベロ(371,396pt)
8位:ヘンリック・ステンソン(330,253pt)
9位:ブランドン・ストーン(315,844pt)
10位:ベルンド・ウィースバーガー(315,779pt)
18位:ダレン・フィチャート(221,650pt)
22位:ポール・ウォーリン(176,920pt)
42位:スチュアート・マンレイ(111,647pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

フィチャート、ウォーリン、マンレイの3選手が全英OPの出場権を獲得
評価より自分を貫く“アメリカンな侍”の勝ちっぷり【舩越園子コラム】
ケガは完治!?ローリー・マキロイがトランプ大統領とラウンド
ミズノの新『MP』は、『GBBエピック』のガチ対抗馬か!?
大幅なギア変更で波に乗るダスティン・ジョンソン