全英行きを決めた左からフィチャート、マンレイ、ウォーリンの3選手(撮影:GettyImages)

写真拡大

<ヨハネスブルグオープン 最終日◇26日◇ロイヤル ヨハネスブルグ&ケンジントンGC(イーストコース 7,656ヤード・パー72&ウエストコース 7,203ヤード・パー71)>
悪天候が続き54ホールの短縮競技となった欧州ツアー「ヨハネスブルグオープン」の最終ラウンド。この日、イーストコースで5バーディ・1ボギーの“68”をマークしたダレン・フィチャート(南アフリカ)がトータル15アンダーで優勝した。
米国ツアーではリッキーファウラーが優勝!
この大会は上位3名に「全英オープン」の出場権が与えられる。優勝したフィチャートと2位タイに入ったポール・ウォーリン(イングランド)、スチュアート・マンレイ(ウェールズ)が“最古のメジャー”への切符を手にした。
2打差の4位タイにはジャック・クルスジク(南アフリカ)、ブランドン・ストーン(南アフリカ)、ジェームズ・モリソン(イングランド)の3選手が入った。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

競技は54ホールに短縮へウォーリン&フィチャートが並ぶ【3日目】
評価より自分を貫く“アメリカンな侍”の勝ちっぷり【舩越園子コラム】
「続けていくしかない」石川遼、池ポチャダボなどでスコア落とすも成果強調
【開幕戦プレーバック】最年少覇者やコースレコードホルダーは誰?
【森口祐子の展望】世界に引けをとらない松森彩夏のショットに注目!