キム・ヨングァン&キョン・スジン「拳を握って汽笛」に合流…明日(28日)から撮影開始

写真拡大

俳優キム・ヨングァンとキョン・スジンがSBS新バラエティ番組「拳を握って汽笛」に電撃合流する。

2人は既存メンバーの4人キム・ビョンマン、薔薇旅館のユク・ジュンワン、イ・サンミン、BTOBのソンジェ、そして初撮影にサプライズ合流したファン・チヨルと息を合わせることになった。

イ・ヨンジュンプロデューサーは「キム・ヨングァンはパイロット番組(レギュラー編成に先立ちテスト放送した後、編成を決定する番組) の時からキャスティングしようとしたが、当時ドラマ撮影終盤だったため叶わなかった。最近釣りの楽しさにハマっていると聞いて、もう一度キャスティングの電話をかけたら、釣り中だったらしい。キム・ビョンマンとの息ピッタリのブロマンス(男同士の友情) もあったので、悩む理由がなかった」と明らかにした。

キョン・スジンについては「キョン・スジンは幼い頃から父親と一緒に釣りに行っていた経験があり、魚に対する愛情を持っていた。また、清楚な容姿とは違って、隠していたガールクラッシュ(女性から見てもカッコいい女性) の魅力があり、番組とよく合うと思う。これまで見たことのないキョン・スジンの姿を見ることができるだろう」と説明した。

特に、キム・ヨングァンとキョン・スジンは、ソンジェと共にドラマ「九厄少年」で共演したことがあり、3人のバラエティ番組でのケミ(ケミストリー、相手との相性) に関心が高まっている。制作陣によると、今回のキャスティングは極秘裏に行われたという。3人はお互いのキャスティングのことを聞いて驚きながらも、新しいケミを見せたいと意気込みを見せた。

「拳を握って汽笛」は現代版「新茲山魚譜」を記録するための、新概念の魚類追跡バラエティ番組で、韓国で旧正月連休のパイロットバラエティで視聴率1位を記録した。明日(28日)、慶尚北道(キョンサンブクド) 蔚珍(ウルジン) で初撮影を行い、近いうちに放送スタート日が決まり次第、視聴者に会う予定だ。