ユ・スンホ、映画「灼鼠之変」への出演を否定…“オファーされていない、誤報だ”

写真拡大

ユ・スンホ側が、映画「『灼鼠(チャクソ)之変-物怪の襲撃』のオファーをされたこともない」と明らかにした。

27日ユ・スンホ側の関係者は10asiaに「『灼鼠(チャクソ)之変-物怪の襲撃』のオファーをされたこともない。誤報だ」と否定した。

「灼鼠(チャクソ)之変-物怪の襲撃」は、中宗(チュンジョン) 22年、宮に怪物が現れ王が宮を移したという、朝鮮王朝実録に記録されている怪物の話を元にした作品である。キム・ミョンミンが主人公を引き受け、「奴が嘲笑う」のホ・ジョンホ監督が演出を務める。Girl's Dayのヘリが出演を検討している。

ユ・スンホは、5月に放送されるMBC「君主−仮面の主人」に出演する。