「ラ・ラ・ランド」が主題歌賞を受賞! Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling)
and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate. (C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

写真拡大

 第89回アカデミー賞の授賞式が2月26日(現地時間)、米ロサンゼルスのドルビー・シアターで行われ、デイミアン・チャゼル監督作「ラ・ラ・ランド」の楽曲で、主演のライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが歌う「City of Stars」が主題歌賞に輝いた。

 「セッション」で脚光を浴びたチャゼル監督がメガホンをとった今作は、ロサンゼルスで夢を追うミア(ストーン)とセバスチャン(ゴズリング)が恋に落ちる模様を、往年のミュージカル映画をほうふつさせる演出で紡いだ。今回のアカデミー賞では史上最多タイの14ノミネートを果たし、第74回ゴールデングローブ賞では7冠、第70回英国アカデミー賞では5冠を達成するなど、賞レースで圧倒的な強さを見せてきた。

 オスカーを獲得した「City of Stars」は、あこがれの街で星のように輝くことを夢見るなか、やっと見つけた“愛”を確かめるミアとセバスチャンの心情を表現した。チャゼル監督のハーバード大学時代の同級生で、「セッション」でも音楽を手がけたジャスティン・ハーウィッツが作曲を担当している。「ラ・ラ・ランド」は、東京・TOHOシネマズみゆき座ほか全国で公開中。